P-S Days


プラスパーの『P』こと服部のブログ。お暇つぶしにいかがでしょう? ホームページはこちら http://prosper-car.com
by dms1025
プロフィールを見る
画像一覧

MINI COOPER ~オキシジェン・ブルー~

MINIが売れたら、またMINIを買う。

見た目も良いし、乗ったら乗ったでさすがドイツ車、シャキっとしている。
在庫にも代車にもちょうどイイから(笑)

a0257092_18403732.jpg


特に、第2世代の6速オートマの方が人気の傾向にあるようです。

CVTよりも乗りやすく改善された2代目。

見た目では判別しにくくてもモデルチェンジ後!

約10年が経過して、距離も伸びていれば手に入れやすい金額にもなってきましたしね♪

a0257092_1841576.jpg


またまた今回も・・・大好物の過走行車です!(笑)
13万キロを走っております。

10年落ちで13万キロ=年間約1.3万キロ×10年なので、過走行と言うより、
普通に10年乗られていた計算ですが。

このMINIの最大のセールスポイントは

10年分のディーラー記録簿付き!

新車点検から、1年点検、車検点検整備の全てをディーラーでされています。


a0257092_1835473.jpg

a0257092_18355744.jpg


距離が多い個体は素性が良さそうな個体しか仕入れてきません。

”ディーラーで全部点検している”と言う言葉はある種ドラクエの”ホイミ”に近い魔法のコトバ。

距離走ってってもそれならいいか~って僕なら思ってしまいます。



2016年にタイヤも4本共に新品に交換されていて、
ブリヂストンPOTENZA S001 RFT(ランフラットタイヤ)を履いています。
パンクしても時速80キロで100キロほど走行可能なランフラットタイヤ。
あまりにも普通に走行できるので、パンクした事に気づかない(笑)
2度ほどランフラットタイヤの恩恵を受けたことがあります。。。

※見えにくかったので、赤マルをして、RFTロゴを白枠に画像加工しました。
a0257092_183885.jpg


そんな特殊なタイヤなのでその分、お値段が張ります。
このタイヤだけで、たぶん十数万円してるかと・・・

”乗り心地が硬い”と感じる方もいらっしゃると思いますが、奥さんや子供さんが乗っている
時にパンクしたら・・・と考えると、安心材料としては良いかと思います。

外装もダメージが少なく、キレイな印象です。

a0257092_1846312.jpg

a0257092_18465959.jpg

a0257092_18472337.jpg

a0257092_18475387.jpg

a0257092_18481187.jpg


フェンダーやバンパーの黒い樹脂部分は、紫外線の白ボケが出てきていたので
今は油分を染み込ませています。
最終的には一皮剥いて黒くしてからコーティング剤で仕上げようかと思っています。

オプションパーツのチェッカー柄のミラーカバーもキレイな状態で生き残っています。
a0257092_18522944.jpg


内装

天井垂れなし!

a0257092_1853522.jpg


小さいシミがあったんですが、濡れ雑巾で拭いたら消えました。

シートは、まあこんなもんでしょうね。
年式相応の使用感といいますか、普通に使って乗り降りしてたらこんな感じよね。
って感じです(笑)

(運転席)
a0257092_18561545.jpg

(助手席)
a0257092_18581687.jpg


ステアリングは塗装ハゲも無く、パドルもキレイですね。

a0257092_1859592.jpg


リアシートは、あんまり使用されてないかな??と言う印象。

a0257092_1912464.jpg

a0257092_1913824.jpg


ワンセグナビ(SANYO GORILLA)付き

古いので携帯アプリのナビの方が最新の道には詳しいと思います。
ただ、ナビにはナビの風情があります。
たまには遠回りしてみてもいいんじゃない??

a0257092_1951669.jpg



と、価格と程度のバランスが上手い具合取れた車両です。

子供が免許を取ったから、練習用に・・・と言いながらお買い求め下さい。
『本当は乗りたかったんでしょ?』 と核心を突いて差し上げますから(笑)
[PR]
# by dms1025 | 2018-04-21 19:39 | ドイツ車 | Comments(0)

C200ワゴン ~地道な活動~

ウチは高級店なので、冬場の洗車は
”お湯”です。


高級店に相応しい贅沢してるでしょ?
※お湯を使ったら高級って発想が貧乏(笑)

この時期に水+素手洗車はアウトです。死亡遊戯です。
(ゴム手袋は感覚が苦手なのでしません)

お湯を使うもう一つの理由はボディーに付着した砂埃や汚れも、お湯の方が
汚れがふやけて落ちやすくなるんです。

拭き上げタオルも水で洗うと、タオルの繊維が硬くなってキズが入りやすく
なったり、水の吸収もよくありません。

だからお湯がベストかと。

ですが先日、プロパンガスが切れてしまってお湯ナシで洗車作業をする事に。。。

『気の持ちようでなんとか成る』 と試みますが、汚れた雑巾を洗うだけで
手の感覚は無くなり、頭まで痛くなってきます。

そう考えると豆腐屋さんって本当にスゴイな~と。
この時期でも素手で真水に手を入れて作業するんですよね?



話は
逸れましたが、今回はC200の細かい部分をキレイにした作業報告です。

外観は一通り磨き終わり、ワックス仕上げまでしておいたので、次はドア内側を。

a0257092_1833232.jpg


ドアを開いたピラー付け根の部分の汚れを落とし、ワックス仕上げ。

a0257092_18342115.jpg


ここがキレイだと、ドアを開けた時に、なんか明るいんです(笑)
それに気持ちイイ♪

a0257092_18361264.jpg



スカッフプレートはまだ新車時のビニールで保護されたままです。

a0257092_1838286.jpg



でもご心配なく!

ビニールをめくる楽しみは次のオーナーさんへ残しています!
[PR]
# by dms1025 | 2018-02-01 18:43 | ドイツ車 | Comments(0)

ベンツC200ワゴン

a0257092_19335791.jpg


こんなん入りました。

W204 C200ワゴン。 

解りやすいからなのか”W204のワゴン”と呼ばれることが多いのですが、

W204の”W”はセダンのコードネームで、ワゴンは”S”

なので、正式には”S204”です。

現行のCクラスのコードネームがW205、すなわち現行の一つ前のモデルのになります。

目がツリ目になり、シャープな印象になった後期型です。

しかも、オプションのアドバンストライトパッケージ付き。

それはいったいなんぞや??

===アドバンストライトパッケージ内容===

・キセノンライト

・Cを模ったLEDポジションライト

・LEDドライビングライト(デイライト)

・ライトインナーが黒になる



だそうです。

もっとカンタンに解釈すると・・・ライト・バンパーがアバンギャルドになる(笑)


a0257092_2043930.jpg


この車両はグリルもAMGスタイル(社外)の物に変わっているので、
さらにスポーチーになってございます。

a0257092_207568.jpg



アバンギャルドだと、サイドステップとリアバンパーが、もう少しスポーチーに
なるのですが、クルマに興味の無い人からすると、もはやハイレベル間違い探し(笑)

なので、現状でホイールを18インチにアップするだけでもスタイルは決まるでしょうね!



このCワゴンは当店の”ヘビーユーザーさん(笑)”からの下取り車両になります。

歴代のクルマを当店で乗り継いで頂いております。

3年間、前オーナーさんの仕事に、プライベートに活躍していたCですが、
”修復歴のある個体”を納めさせて頂きました。

距離を乗られる方なので、キレイに治ってて走りに問題が無ければ
問題ナシ!しかも値段が少しでもお安く買えるなら、ウエルカム!!(笑)
とのお返事を頂いたので下見の後、落札してきました。

その修復歴について少し説明させて頂きます。

この車両の修復個所は左センターピラー下部分です(サイドステップの位置)
a0257092_19545081.jpg

カバーの裏側が少しこんもりしてます。
a0257092_1955966.jpg

したがって、左ドアもダメージを受けたのでしょう。

a0257092_2083241.jpg


右側と比較すると、スキマが少~し広いような・・・

a0257092_2092253.jpg


そして、右後ろのバンパー裏側を覗き込むと・・・

a0257092_20102328.jpg

a0257092_20103647.jpg


鉄板部分にコーキングが・・・汚い(笑)

潜り込まないと見えない部分ではあるけど、もうちょっとキレイに直してよ~~

まあ、見えない部分なので百歩・・いや千歩譲って、目をつぶりましょう。。。

以上のような部分が修復履歴になります。

以前にも説明をしたように思いますが、

一般的に想像する修復歴って、『グチャグチャの状態から起しました』
みたいな想像をされる方も多いと思うのですが、ちょっと違うんです。

例えば、『ドア全部とボンネットがボコボコに凹んだので交換しました』

これは修復歴になりません。

『バックしてちょっと花壇に乗り上げちゃってスペアタイヤの下の鉄板が凹んじゃった』
じゃあ板金で修理しましょう!

ここは骨格に入るので、修復歴になるんです。

要は骨格(フレーム)とされる部分を少しでも直せば修復歴の扱いになります。

場合によっては”駐車場で下がり過ぎて壁に当たってしまった。”
これでもバンパー裏の鉄板が波を打ってしまってる可能性もあります。
そこも骨格になるので、板金して元に戻すと修復歴になる可能性は大。

一概に派手なダメージのみが修復履歴の対象となる訳ではありません。。。

ややこしいでしょ?

なので、修復履歴のある車両でも場所によってはアリかも知れませんよ!
個人的には・・・・ぜんぜんアリ(笑)

前記のように、修復歴があってもOK!というオーダーを受けた場合は、まず
どんな当たり方をしてどう直したのかを想像してみてから買います。

このCを買った時はこんな予想を立てました・・・


a0257092_207847.jpg


画の通りです(笑)
おそらく同時期に両方を修理しています。

で、エアバックが開いた痕跡もないので、まずは10~20キロまでの低速だろうと。
そして左側面と右後ろを同時に当てるケースってこのシチュエーションぐらいしか
ないでしょう。

他車に当てられていたらリアのダメージはもっと大きい気がします。

なので、このパターンかと。

正解かどうかは当事者の人しかわかりませんが、遠からずではないかと?



この説明を聞いたうえで『ぜんぜんOK!!』と言う方!!

お待ち申し上げます!

と言っても、走りには全く影響は無いんですけどね(笑)

[PR]
# by dms1025 | 2018-01-26 20:38 | ドイツ車 | Comments(0)

MINI CROSSOVER その②

先日ご紹介した、クロスオーバー様。

前回よりももう少し細かい部分をご覧に入れましょう。

調子が良さそうなのと、外装がまあまあキレイなのは分かったけど
自分ではどうしようも出来ない”内装”特にシートの状態が気になるから早く見せんかい!!

と言う方に向けた情報です。

※なので・・・気になってない方!今回は面白くありませんのでご注意を※

オークション仕入れの車両だと、いままでどんな使われ方をしていたのか?
までをうかがい知る事はできないので、経験からの予測(仮説)を立てるしかありません。

特に、走行距離が伸びている車両を見る時に、どのように使われていたのかを
予想するのに見るポイントがあります(デニ男おじさん直伝)

それは

① シートのヘタリ具合(運転席座面と、背もたれのドア側には気をつけろ!)

乗り降りを頻繁にされているとズボンやジャケットでシートの生地を擦ってしまったり
車高が高いクルマだったりすると、一回体の向きを変えるのに、端っこの方に体重を
かけてしまったり。
よほど気をつけていない限り、ダメージは避けて通れません。
それが、シートのドア側の部分。

ダメージが少ない=乗り降りが少ない→高速メインでの使用 の仮説が成立

② ペダルを見ろ!(ブレーキペダルのゴム)

これもなるほどな~と思うところなんですが、
待ち乗りメインだとブレーキを踏む頻度も高くなります。
と言う事はブレーキペダルのゴムも、溝が減っていたり、ちょっと”へしゃげて”いたり。

ゴムがしっかりしている=ブレーキを踏む回数が少ない→高速メイン の仮説が成立

その他にもタイヤのショルダーやハンドルのスレなんかも複合して見るんですが、
一番わかりやすいのが①や②だと思います。


□運転席□
a0257092_20221956.jpg


a0257092_2022386.jpg


a0257092_20225728.jpg



車検証入れに残された、ディーラーの点検記録簿や、その他の書類でカンタンな
答え合わせは出来たりしますが、真相は前オーナーさんしか分からないので、
あくまでも”仮説”の枠から出ることは出来ませんが・・・


ちなみに、このクロスオーバー、オヂサンの予想では

『高速がメインやったんと違うかな~』 との事でした。

後日、オークション会場から送ってこられた書類一式の中に
ディーラーの点検記録簿が入っていたんですが、前オーナーさんは
越境してディーラに入庫されていたようなので、高速走行がメインだったと思われます。


この予想ポイント・・・
  案外当たってそうな気もします(笑)

[PR]
# by dms1025 | 2018-01-22 20:48 | ドイツ車 | Comments(0)

MINI CROSSOVER

2018年初ブログです。

今更ですが・・・

新年明けましておめでとうございます(笑)

あっと言う間に1月も後半ですね。

2018年もよろしくお願い致します。

さて、新年最初のクルマは

MINI CROSSOVERです。

a0257092_180857.jpg


a0257092_181099.jpg


言わずと知れたMINIの5ドアモデルです。
3ドアだとファミリーカーでは・・・・のお悩みを一発解決!
かゆいところに手が届きまくってます。

クロスオーバーには初めて乗ったんですが、一番気になっていたのは
後部座席空間の仕上がり。

スタイルを重視したクルマにありがちな
”足元狭い、シートが小さい、着座位置が高い”
のような無理やり感は・・・

一切ありませんでした。

ヘッドクリアランス・座面の高さ・長さ・クッション性  問題ナシ!
これにはちょっと感動!!

こんなこと言ったらアレですが、見た目よりしっかりしてました(笑)


内装は、さすがミニ!

細かい部分も洒落てます。

センタートンネルの部分にレールが通ってて、そこに色んな小物を
引っ付けることが出来ます。

a0257092_18202593.jpg


a0257092_18205878.jpg


今はこれが付いてます。

a0257092_18214166.jpg


『メガネケース』

a0257092_1824191.jpg


取り外して単体でも使えます♪

その他にもオプションで販売されているので、好みの応じて充実させて下さい!

a0257092_18225576.jpg


あと、現状で付いているオプションは

16インチ 5スター・シングルスポークアルミ
a0257092_18262014.jpg

a0257092_1827315.jpg


サイド・スカットルトリム(エイリアン・グリーン)
a0257092_18295387.jpg

a0257092_18283458.jpg


たぶんヘッドライトトリムも黒いので変わっているのかと・・・
a0257092_18314614.jpg

a0257092_1832030.jpg


あと、サイドバイザーです。
a0257092_1835346.jpg


MINIは本当に細か~くオプションパーツの設定があるので、楽しいですね♪
ここからさらにアップグレードしていく楽しみもありますね。


あ!肝心な楽しいポイントをお知らせするのを忘れてました!!

このクロスオーバー

a0257092_18405587.jpg


6速MTなんです。

[PR]
# by dms1025 | 2018-01-18 18:42 | ドイツ車 | Comments(0)
検索
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
フォロー中のブログ
ライフログ
メモ帳
ファン
外部リンク
最新のコメント
ブログジャンル
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
その他のジャンル
ブログパーツ
画像一覧