FIAT バルケッタ

今日は、一日中雨が降り続くって珍しい一日でした。

ウチの工場は天井が高いので、それに比例してシャッターの高さもあります。
日が高いうちは陽射しが中まで入り込んでくれるので、照明ナシの節電が可能
なんですが、寒さや雨にはめっぽう弱い。

風はビュービュー吹き込んでくるし、雨も降り込んできます。

なんだかな~(笑)

シャッター高さのサイズ、半分で建ててくれたらよかったのに。。

でも、そんな雨の日を絶好のチャンス!とばかりに新しいWAXの実験を兼ねて
バルケッタをキレイにしてやりました。

ボディーはポリッシュ作業でキレイに磨き上げているものの、ずっと屋内保管
出来ている訳ではないので、やはり汚れてきます。
(ソフトトップを雨ざらしにするのはイヤなので、ハーフカバーはかけています)
※得意の写真撮り忘れで・・・画像はお借りしたものです。
a0257092_19432235.jpg


なめるように塗りこんでおきました(笑)

a0257092_19465861.jpg


まずは従来から愛用しているWAKO'Sのクイックワックス。
これでもしっかりツヤは出るのですが、商品にも書いてある通り、どちらかと言えば
水垢を取る作用の方が強いんだと思います。

a0257092_1949486.jpg


そこからさらにツヤを出したり撥水効果を強くするには、シェイクワックス。

言わずと知れたワックス界の重鎮の『カルナバ様』とアメリカのケミカルメーカー
Du Pont/デュポン(高級塗料でも有名ですね)が合体した、なんか凄そうなヤツ(笑)

a0257092_19554070.jpg


これもなめるように塗りこんでおきました!

クイックワックスで仕上げるよりも細かいキズまでカバーしてくれてツヤに
深みが出ますね。(キズ消しでは無くあくまでもカバーです)
ダークカラーだともっと効果は解りやすいみたいです。

さて、効果の持続はいかに!!!

a0257092_2075361.jpg

[PR]
by dms1025 | 2016-02-20 20:08 | イタリア車 | Comments(0)