ルノーカングー 内装掃除

昨日の外装磨きに引き続き、今日は室内の掃除!

内装はベタベタにならない素材を使用されているので掃除のみで仕上がり
ました!これはありがたい!!

フロアーもビニールフロアーになってるので掃除しやすいです。
って事で、比較的、掃除は楽ですね♪

床は目地のスキマに砂が入り込んでたりするので、エアブロー、掃除機の後に、
洗剤と水掃除でリフレッシュ!
一般の方が掃除風景を見ると、引くぐらい水浸しの状態で掃除します。
ちゃんと考えてしないと、後でえらいことになります。
*闇雲に水浸しにする行為はキケンです!
仕上げはシリコン噴射機でコーティング仕上げ!
時間が経つと程よくツヤが引いてくれるので、イヤらしい感じはゴザーせん。
(アー○ーオールとは違います)
これでフロアーもピカピカ♪
a0257092_1982515.jpg

a0257092_19185066.jpg


次はシートの薄シミ取り。
これは写真では写らないから伝わりにくいんですケド、実際は目視で”シミ”
確認できるレベルです。
a0257092_19245677.jpg

a0257092_19241992.jpg

a0257092_19252551.jpg

助手席と、リアシートにまんべんなくございます。

これはシートを剥がして洗濯機でグルグルしてやるのが一番キレイになるんです
けど、これぐらいならそこまでしなくても落ちるかな?

これも水溶き洗剤でザブザブ♪

*ここは特に注意しないと、シートに着座センサーが入っている
車種だとセンサーが水没、ご臨終してしまいます!

a0257092_19342465.jpg

運転席をビシャビシャにしてしまうと、動かせなくなってしまうので
動かさなくて良い日にまた、あらためて。
こうして比べると助手席のビシャビシャ具合がよく解るでしょ?
a0257092_19344445.jpg

a0257092_1935536.jpg

タオルで吸水してやってエアブローして、終了。
乾燥には丸1日ぐらいは掛かるので、どこまでキレイになってるかの答えが
わかるのは明日!!

こればっかりは乾かないとわかりません。笑

楽しみやな~♪ドキドキ。
[PR]
by dms1025 | 2014-03-24 19:49 | フランス車 | Comments(0)