人気ブログランキング |

メガーヌRS クラッチの続き

メガーヌRS クラッチの続き_a0257092_18202196.jpg



・・・・・

もはや何のクルマか解らないでしょ???

クラッチ交換と同時にタイベルも換えるから、いっそ全部降ろしたほうが
効率を考えると早いんじゃない?ってなったんですよね。

でも構造を見ると、ミッション単体で降ろすのって・・・無理なんじゃないか?

狭い空間でミッションを持ち上げるのなんて朝メシ前じゃい!!なんて
腕力に自信があり、大人用”知恵の輪”の最高レベルを攻略できる人なら
メンバーのスキマを縫ってミッションだけを降ろせるかも知れませんけどね。

なので、実質は不可能に近いと思います。
結果、クラッチ交換のみでも”全降ろし”に近い作業になっていたでしょう。

整備士の苦労は直接ユーザーさんには関係ないのですが、ユーザーさんにも
関係がありそうな難儀な部分がメガーヌにはございます。

その難儀なところはヘッドライトのバルブを交換するのがちょいと面倒
なんです。

もちろんそれに伴い、ウインカー・スモール球も同様です。

手間の掛かりようを外人さんがいかにも海外らしく表現してくれます。


球に対してストレートにアクセスができないんです。
インナーフェンダーから手探りで・・・OH!ガッテム!!

そうならないように後を考えて・・・Mrワーゲン氏、やってくれました!

先手を打って一番手の届きにくいスモールのバルブ交換!

しかもLEDに!

メガーヌRS クラッチの続き_a0257092_18325753.jpg


LEDは球切れしない説は迷信だとしても、少なからずフィラメント球よりは
長持ちしてくれるでしょう。

そんな先読みの出来る、休日はイタリア人のようなファッションのMrワーゲン氏が
降ろしたエンジン。

メガーヌRS クラッチの続き_a0257092_19414254.jpg


早速問題のクラッチをバラすと・・・

メガーヌRS クラッチの続き_a0257092_19494020.jpg


ズルンズルンのペランペラン。。リベットまで削れてます。

メガーヌRS クラッチの続き_a0257092_19495436.jpg


新品と比べると半分以下の厚みまで。

メガーヌRS クラッチの続き_a0257092_19512726.jpg


いままでご苦労様でした。

一方、クラッチカバーはと言うと・・

メガーヌRS クラッチの続き_a0257092_19523980.jpg


なんじゃこのスプリングプレート???
いくら”Franceメイド”とて、そんなにアーティスティックな形にせんでも。。

フライホイールに関してはもうひとつ謎な造りです。。。

メガーヌRS クラッチの続き_a0257092_19542820.jpg


二重構造・・・

これで前記のブログでの謎が解けました。
フライホイールが二重でダンパーになっているから、クラッチディスクが
ダンパースプリングなしのリジットな訳ね!!

納得!!

が、しかし、新たな疑問が浮上・・・

届いた新品のクラッチカバーと、
  いままで付いていた物と
     まったく形が違うやん!!!

by dms1025 | 2014-01-16 18:21 | フランス車 | Comments(0)