P-S Days


プラスパーの『P』こと服部のブログ。お暇つぶしにいかがでしょう? ホームページはこちら http://prosper-car.com
by dms1025
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

シトロエンC4ピカソ ~内装編~

昨日の続きです。

今日は内装のベタベタ除去作業!

a0257092_19191282.jpg



色が剥げていないので、わかりにくいのですが、埃、ゴミがベタベタに吸い寄せられて
付着しています。
a0257092_19311744.jpg


今回考え付いた作戦は
『表面をコーティング作戦』

下の塗装がハゲハゲになっていたら、”剥離・再塗装”が必要ですが、
今回のケースは表面のベタつきが問題なだけなので、表面をクリアコーティング
する作戦にしました♪
※ユーザーさんに小さいお子さんがいらっしゃるので、ニオイの残る油性塗料は
使いたくないという理由もあります。


なので、ベタベタをある程度除去して、ニオイの無い水性塗料のつや消しクリアコーティング!

先に、左右の吹き出し口の小さいパネルから実験的に開始!

わかりにくい(笑)  けど、ベタベタしてます。
a0257092_19512610.jpg


洗剤と水で表面の付着物を落とします。

今回の作業はお湯を使わないのがポイント!

ちゃんとした理由はあるんですよ!(笑)

リペア作業の時は塗料の材質や内容によって、水かお湯のどちらかを使います。
あくまで、個人的な見解ですけどね。

で、ゴミ、埃がキレイに落ちたらエアブロー乾燥!
ここもエアーですばやくがポイントになってきます。

同じくC4ピカソのベタベタで悩んでいる方なら、”ハッ”と気づかれるかと思います(笑)

で、人畜無害の水性クリアーを吹きつけ♪
a0257092_2011294.jpg

a0257092_2031820.jpg


画像だと、まったくわかりませんね。。
下の塗装に悪影響も無く、ニオイも無しで表面のベタベタはキレイに無くなりました♪
作戦成功!

同じ手順でセンターパネルも!

a0257092_2064294.jpg


スイッチ達も同じ作業にて。
a0257092_208502.jpg


a0257092_2093417.jpg


つや消しクリアーが乗ったことにより、純正よりもほんの気持~ちだけ
白く仕上がっていますが、再コーティング作業完了!!

ベタベタを引き起こす原因の素材ではないので、  
   再発はしないでしょう!

しないハズ・・・笑←ずるい逃げ
[PR]
by dms1025 | 2016-05-16 20:15 | フランス車 | Comments(0)

シトロエンC4ピカソ

超大型連休だったGWも終わって体も財布をしぼみきり無気力になってはいませんか?

今ですよ!5月病が発病しやすいタイミングは!!!

気をつけるんだ!!

今年はありがたい事に、休み無しでGWを終えることができました!

あれこれ作業はしていたのですが、UPする気力がなくて・・・
        
        GW
         関係ないのに
           5月病(笑)


そんな事はさておき・・
今回のブログはご注文を頂いていたC4ピカソの納車前整備と
内装ベタベタ対策作業編を2回に渡ってUPします♪

a0257092_1957829.jpg


年式はH22年式で距離も3万キロ台なので、ガッツリ整備までは行かないかも?
と思っていたのですが・・・甘かった(笑)

1.6ターボエンジンの弱点でもある、タービンホースからのオイル漏れ。
a0257092_2005733.jpg


ではありません!!

ここは仕入れるときにしっかりチェックしてたので大丈夫!!

もう一つの弱点。

タペットカバーからのオイル滲み
a0257092_2023994.jpg


ここはプラスチック素材なので、ある程度は仕方ない部分なんですが
下にもぐってアンダーパネルを外して確認して行くと
『エンジン後ろ側からまあまあ漏れてきている』 と、当店敏腕メカニック
Mrワーゲン氏から報告が。

これは交換しないとダメですね~

なので早速純正のタペットカバーパッキンをオーダー。

a0257092_208758.jpg


大きい箱に平らな状態で梱包されて来るものだと思っていたら、
クルクルっと丸められて、なんて簡素な包装(笑)

そんなフニャフニャのゴムだから漏れるんじゃないの??(笑)
(実際開封して、手にしてみるとしっかりした造りでした)

まあ、純正部品なんだから大丈夫なんでしょう。
逆に社外品があったとしてもちょっと怖くて使えませんね。。



a0257092_2013452.jpg


a0257092_20132522.jpg


バラしたついでに色々と観察。

a0257092_20161787.jpg


ディーラーメンテの車両なので、ディーラーの推奨する距離でオイルを交換していた
んでしょうね~
これを見る限り、もう少し早いサイクルで交換しておいた方がイイでしょうね。

ん?

a0257092_2019444.jpg


カム山の部分にサビ?巣穴??発見。

カム山に段差が付くほどでは無いので、使用は問題ありませんが、
やっぱり5千キロサイクルぐらいでオイル交換しておいた方が良さそうですね。

しっかりと掃除もして組み付けておきました!
※ワーゲン氏が(笑)

次はブレーキ廻りの点検を。

というのも、左後のホイールにダストと鉄粉の付着が多かったので、
点検して貰ったところ、パッド残量ゼロ!!

a0257092_20293118.jpg


内側のパッドは鉄板が残っているだけでした(笑)

a0257092_20304040.jpg


それに伴い・・・ローターもキズだらけ・・・

a0257092_20312687.jpg


原因はダストが詰まって、パッドの動きを妨げていたようです。
固着したパッドを外すのも一苦労だった様子。

ローターとパッドも新品に交換。

ハブベアリングが一体構造なので、結構な金額でした(笑)

a0257092_20341226.jpg


a0257092_20344880.jpg


もちろん組み付けの前にキャリパーをきれいに掃除したので、
パッドの動きはスーイスイ♪


これで、ブレーキを引きずって変磨耗する心配なし!

次回は内装のリペア編です!
[PR]
by dms1025 | 2016-05-15 20:45 | フランス車 | Comments(0)
検索
カテゴリ
最新の記事
トゥーラン弄り②
at 2017-07-16 20:53
トゥーラン
at 2017-07-14 20:24
ホンダ エレメント
at 2017-07-03 21:40
Gチェロキー HEMI
at 2017-06-22 20:48
グランド チェロキー HEM..
at 2017-06-02 20:01
以前の記事
記事ランキング
フォロー中のブログ
ライフログ
メモ帳
ファン
外部リンク
最新のコメント
ブログジャンル
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
その他のジャンル
ブログパーツ
画像一覧