P-S Days


プラスパーの『P』こと服部のブログ。お暇つぶしにいかがでしょう? ホームページはこちら http://prosper-car.com
by dms1025
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

BMW318I トゥーリング ~納車準備編~

もともとが爽やかである私を、さらに爽やかな好青年に見せてくれる、
そんな爽やかな内装を持ったベンベ318のツーリングですが、
(ベンベの言い方が昭和な中年でしょ?笑)
a0257092_18443111.jpg

新しいオーナーさんが決定いたしました。

ただ今、納車へ向けてコツコツと趣味の磨き作業に取り掛かっております。

入荷して間もなかったので、まだ実物の爽やかさを確認できていない方も
いらっしゃったでしょう。

残念!!

中古車は本当に ”タイミング・出会い” こそがすべて!と言っても過言では
ないでしょう。また同じように爽やかな1台を探してきますので、次こそは
タイミングを逃さないように!!

今回はこの世代の輸入車全般にありがちな『モールの白ボケ』を手直ししました。

ボディーをぐるりと一周、黒いモールが取り巻くとやはりデザイン的にも
グッと引き締まりますよね。

でも、せっかくの”黒”がワックスの付着や、雨染み・紫外線焼けなんかで
白~くなってしまっていると、一気に古臭さく見えてしまったりして台無しです。

以前にも書きましたが、白くなった上からツヤ出し剤なんかを塗っても、しばらく
すると乾燥してしまって、また元通り、白~くボケてきます。

根本の土台の部分からキレイにしてあげないとあきません!

なので、この『爽やか号』 も根本からキレイにしてみました。

a0257092_185909.jpg


雨降り後だったので、雨染みがよく目立ってますね。

まずは、いつもの”激落ち君” 的なスポンジで研磨します。

a0257092_1912863.jpg


これでしっかりと表面の薄皮を1枚めくってやれば、元の黒さを取り戻せます。

メラミンスポンジが、まさに文字通り、身を粉にして汚れを落としてくれますので
これさえあれば、大概の黒い樹脂モールはキレイになります。

ただ・・・ぐるり1周となると、相当な労力を伴いますけどね。(笑)
折れない強い気持ちと時間さえあれば、誰でもキレイにできます♪

a0257092_1981569.jpg

一皮めくれてキレイになったモール。

ちょっと水に塗れてツヤが水増しされているので、乾燥させると、

a0257092_19304542.jpg


この状態にまでなったら、OKです。

そこからはツヤ出し剤を塗るのか、すっぴんでいくのかはご自由に。

ですが、このベンベは遠方に納車してしまうので、僕が後のメンテをできません。

となると、ツヤ出しではなくコーティング剤でコーティングする事にしました。

a0257092_19343218.jpg


このワコーズのコーティング剤はなかなかの優れもので、表面に幕を張って
硬化してくれます。
まあ、言うところのボディーのガラスコーティングと同じような理屈ですよね。

そのお陰で、蒸発も無ければ、剥がれることもありません。(理屈上では)

a0257092_19453220.jpg


さーて、次はどこを磨こうか!?

[PR]
by dms1025 | 2014-07-13 20:01 | ドイツ車 | Comments(0)

メガーヌRS ~イメチェン編~

7月に入り、梅雨の終わりが見えてきたこの頃に、やっと梅雨らしい天気に
なってきましたね~

梅雨明けが近づいてやっと尻に火が付いたのでしょうか?
帳尻を合わせようと必死ですね。

あ~雨がいやだ。
僕の作業は基本、お外での作業なので雨だと仕事が進まないんです。

今回の作業の場合は、特に・・・
塗装作業だったので、モロに雨に左右されました(笑)

手馴れない作業+雨でけっこうな時間がかかってしまいましたが、なんとか
イメチェン作業は完了!!

爽やかなシルバーから
a0257092_18405544.jpg


スポーティーなマットブラックに!!
a0257092_1844348.jpg


どうです?雰囲気よくないですか?


なぜイメチェンをしたのかといいますと・・・

ホイールのガリキズが気になったのと、黒の方がカッコイイからです。

a0257092_18553198.jpg

a0257092_1856093.jpg


けっこうなガリガリ具合でしょ?
しかも、リムよりもスポークの方がひどく。

ホイールをよくよく見てみると、リムよりもスポークの方が若干外に張り出ている
デザインなんですよね。

以前にも書いたように、メガーヌ・スポールには”D・A・S・S”と言う、スペシャルな
足回りが奢られていて、普通のストラットよりも多い部品点数で構成されています。
そのお陰でスペースが無くなり、この形のホイールデザインになったのでは?と

勝手に想像しています!(笑)

実のところはわかりませんよ?私、開発してませんから。


そんな理由もあり、4本ともにガリガリと傷が入っていたので、パテで修復、
再塗装をする事にしました。

再塗装直後のホイールにタイヤをはめる作業は、タイヤ屋さんがやりたくない
作業ランキング、堂々のNO1なので、今回はマスキングで塗装することにしました。
(そんなリスキーな作業は申し訳なくてお願いできません。。)

a0257092_19361740.jpg


まずは、ガリガリになっている部分の表面を均す為にペーパーで研ぎ、
キズをある程度処理します。

そこから、アルミパテ登場!!

これが楽しいけど難しいんです。

均等な圧力でキズを埋めつつ、厚塗りは厳禁。

※厚塗りするとパテの硬化後の研ぎがめちゃめちゃ大変 (経験談)※


アルミパテの乾燥を待ち、そこから耐水ペーパーでひたすら水研ぎ。。
表面に凸凹が無くなったのを確認してから、サフェーサー塗装。

a0257092_18563939.jpg


作業報告ブログを書いてて毎回思うんですけどね、
こうやって文章にするとカンタンな作業やん?ってなるんですよね(笑)

ただ、その行間には沢山の苦労が隠れてるんですよ!!!

今回も『パテ打ち、サフェーサー塗り』の作業を計12回は繰り返してます。。

板金屋さんからすると、どんだけ時間かかってんねん!?ってなるんでしょうけど。

手で触って凹凸を感じなくなるまでパテを研いでからサフェーサーを塗るでしょ?
で、サフェーサーを塗って、また凸凹を感じなくなるまで研ぐでしょ?

そこから最終、ツヤ消しブラックを塗るでしょ?

そうするとね・・・出てくるんですよ。。。 
凸凹が!!!!

a0257092_19264249.jpg

この七不思議にはあのお方もビックリですよ。

今回は本当に身をもってわかりました。。

手の感覚だけで極々微量の
凹凸を感じ取る板金屋さんの能力は
特殊技能です。


ツヤ消しペイントは”色のムラ”が出にくいのはありがたいんですけど、
凸凹はめちゃめちゃ目立つんですよね~

あと、塗料の粒子のムラが目立つ。
吹き方によってザラザラ具合が変わるんです。そのザラザラが変わると
当然、仕上がりでムラになります。

う~ん。。これは悩ましいけど、面白い!!!

今回でいろいろと勉強になりました。次回はこの半分の時間でコンプリート
させてみます!
※次回この作業があればね(笑)※

a0257092_19213948.jpg


a0257092_19225272.jpg


a0257092_19232687.jpg

[PR]
by dms1025 | 2014-07-10 19:28 | フランス車 | Comments(0)
検索
カテゴリ
最新の記事
エンドレスな掃除③
at 2017-09-10 20:27
エンドレスな掃除②
at 2017-09-08 20:57
エンドレスお掃除
at 2017-09-04 19:52
艶力 ~エレメント~
at 2017-08-25 20:02
夏のアレコレ
at 2017-08-21 20:23
以前の記事
記事ランキング
フォロー中のブログ
ライフログ
メモ帳
ファン
外部リンク
最新のコメント
ブログジャンル
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
その他のジャンル
ブログパーツ
画像一覧