P-S Days


プラスパーの『P』こと服部のブログ。お暇つぶしにいかがでしょう? ホームページはこちら http://prosper-car.com
by dms1025
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ニュービートルカブリオレ

昨日、愛知県のNEWオーナーさんの下へ旅立ったニュービートル。

今日の愛知は雨が止んでいるみたいなので、ひょっとしたら
オープン走行を満喫して頂けてるのでしょうか?

納車は完了しましたが、最終仕上げをアップできてなかったのでUPします!

納車前日はあいにくの天気でしたが、雨の中、撥水コートで洗車をして
おきました!

お隣の会社の方が、雨天洗車中の僕を2度見していましたけどね。笑
そんなお熱い視線をビンビン感じながら撥水コート!
(乾燥、ふき取りナシでも効果は発揮します)

内装も再度、拭き掃除をしながら各部をチェーック!!

このフロアカーペットもベージュだったので最初は汚れが目立ってました。
色的に仕方がないですよね。。。

でも、少しでもキレイな状態でお渡ししたかったので、内装クリーニング時に
ついでに洗濯しときました。笑

洗濯洗剤と水でザブザブ♪

いやいや、洗濯って!!

と思われるかもしれませんが、これがキレイになるんですよ!本当に!!



いざ汚れが落ちると、次の欲が出てくるのが人ってもんです。笑

a0257092_1846052.jpg


こげ穴が目立って気になっちゃうんですね~。

a0257092_18574823.jpg


こげ穴リペアはまだ僕には未開の地。
プロの内装リペア職人の見よう見まねのパクリ作業。笑

プロのこげ穴リペア方法は、同じ色の綿?のような粉?のような素材を
穴の開いた箇所にキレイに埋め込んでいって穴埋め修復をする。
と言う知識だけは僕も知っていたので、その方法を拝借♪


とは言うもののそんな都合の良い材料はウチにはありません。

う~ん。。と、無い知恵を絞った結果、出た答えは・・・

カーペットの端っこから素材をパクる!

斬新でしょ?笑


a0257092_1993250.jpg


”刃”だけのカミソリをスケバンのごとく器用に操り、カーペットの表面から
素材を泥棒。

盗んだ痕跡を残さないようにするのがプロってもんですぜ!
一流の詐欺師に騙されても、騙されてるのに気づかないって言うでしょ??
それと同じです。・・・??? いや、違うな。
とにかく解らないように泥棒しました。

a0257092_19152537.jpg

a0257092_1954599.jpg


いかがかしら??

後は耐久力ですね。どれだけこの状態を維持してくれるか!
[PR]
by dms1025 | 2013-10-25 19:27 | ドイツ車 | Comments(0)

Peugeot205 Dimma

a0257092_14373150.jpg

祝!ナンバー取得!!

金曜日に車検登録に行ってきました。
一発合格ナリ!

まあ、もちろん検査前に点検して行ってるんで当たり前なんですけどね。笑

でも、ちょっと古いクルマになると検査官がどこに突っ込みを
入れてくるか分からないので、ドキドキ感は多少あります。

そんなところ突っ込む???って事が過去に幾度か・・・笑
おかげで知識と知恵は付きましたけどね♪

■あとは、試運転で気になった箇所を手直し。

路面の凹凸で後ろからガタガタと揺れ音が。
リアゲートの閉まりがどうも悪い様子。

a0257092_18164928.jpg

室内側からゲートを揺らして音を再現みるとガタガタと・・・
a0257092_18153874.jpg

ロックはかかるが、閉まりきっていないのでキャッチ調整が必要。
a0257092_18155359.jpg

キャッチの調整しろは目いっぱいまで行ってるのでさらに削らないと。
a0257092_18161443.jpg

削って合わせると、ガタはなくなりました。
本来は調整用の長穴の範囲内で調整できるんですが、年数と共に
リアゲートシールラバーが”へしゃげて”きているんでしょう。
雨漏りをしている訳ではないので、これでよし!

これからしばらくはワタシの日常の足として活躍してもらうので
気になる箇所が出てきたら手直ししていきます!


でも改めて乗ると、ドライビングポジションも今の車とぜんぜん違いますね!
ハンドルの位置が低く感じるぐらい着座位置が高く、現代水準では
”BAD”とされるんでしょう。
ベルトライン(横のガラスの下のライン)も現代車と比べるとずいぶん低いんです。
それに伴いドアガラスの下部も低くなってます。

それはつまりどういう事かって??

外から見るとドライバーの脇下あたりまで姿が見えるんです。笑

でもね、それが”その時代”を感じさせてくれてすんごいイイんですよ♪

なんとも懐かしい感じがそこにありました♪
[PR]
by dms1025 | 2013-10-20 17:38 | フランス車 | Comments(0)

VW ニュービートルカブリオレ

忙しい”フリ”をしてブログを書いていませんでした。笑

でも、ちゃんと作業はしてますよ!


a0257092_2001835.jpg


今回もNBカブリオレの続き作業です!

今回の作業はニュービートルの持病、『ドアパネルの生地が浮く病』です。
ニュービートルは100%確実にここが浮いてくると断言できます。

a0257092_16251234.jpg


上の画像でも、なんかブヨブヨしてるの分かるでしょ?

でも、この生地を貼りかえるのって至難の業なんですよね~。。

ヒジ置きの部分の曲線がきつすぎて・・・

メーカーで作る時はプレス機でガッシャンと均等に圧を掛けて
作れるんでしょうけど手作業だとなかなか大変です。
ワタシ、内装のプロじゃないんで。笑

a0257092_1933179.jpg


完全に生地と、その裏のスポンジが剥離してしまってますね~
天井が垂れてくるのもこれと同じ原理です。

とくに曲面がきつい部分から剥がれてきます。

今回は生地は再使用するので、裏のスポンジをきれいに剥がし取りました。
※再使用できるのはレザー貼りのみです。
このスポンジを全部キレイに剥がし取り、土台に残っているボンドまでキレイに
すると、2時間は軽くつぶれます。笑

a0257092_19394672.jpg


途中の写真は、手がボンドとシンナーまみれになったので、ナシ!!笑


均等に生地を伸ばしながら貼り付けるの、めちゃくちゃ大変でした。
そして、めちゃめちゃ悩みました。。。



でも、悩んだ甲斐があって↓↓↓

a0257092_19415857.jpg


a0257092_19473251.jpg


なかなかイイんじゃありません??

ピシャっと貼れたんじゃねえ??
っと、語尾上がりな、渋谷の若者のようなテンションで自画自賛しております。笑

あとは、どれだけの耐久性があるかですね。
スポンジ無しの直貼りで、剥がれる要素はございませんので大丈夫だとは
思うのですが・・・。

これで剥がれなかったら・・・

ワタシは”フォルクスワーゲンを超えた男”
           という事に!


                  
                  ぷぷぷ。
[PR]
by dms1025 | 2013-10-11 20:02 | ドイツ車 | Comments(0)
検索
カテゴリ
最新の記事
プジョー407SW
at 2017-10-13 21:16
エンドレスな掃除③
at 2017-09-10 20:27
エンドレスな掃除②
at 2017-09-08 20:57
エンドレスお掃除
at 2017-09-04 19:52
艶力 ~エレメント~
at 2017-08-25 20:02
以前の記事
記事ランキング
フォロー中のブログ
ライフログ
メモ帳
ファン
外部リンク
最新のコメント
ブログジャンル
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
その他のジャンル
ブログパーツ
画像一覧