P-S Days


プラスパーの『P』こと服部のブログ。お暇つぶしにいかがでしょう? ホームページはこちら http://prosper-car.com
by dms1025
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

燃料ポンプ・交換祭り!

本来、なかなか壊れる部分ではない燃料ポンプなんですが
その珍しい作業が2台同時なんて、これは祭り以外の何物でもありません!

とは言うものの、壊れ方は違いますけどね。

まず1台目はルーテシアルノースポールです。
これは出戻りで帰ってきたNEW在庫の車両です。

a0257092_16173948.jpg


ナイスなタイミングでガソリンがタンク満タン。。
a0257092_16174946.jpg


ポンプユニットは大きいものの”ポンプ本体”となるとこんな小さいもんです。

a0257092_16181734.jpg


デニ男おじさん渾身のポンプ完成!
違う車種の物を加工して組み上げていました♪
これでルーテシアRSは修理完了!
ユニットアッセンブリーで新品交換すると7~8万円はかかっていたでしょう。
”直せるものは直す”まさにプラスパースピリッツが具現化されたモノです♪

だってドヤ顔が半端なかったもん!笑
a0257092_1618449.jpg





続きましては、アルファ166です。
以前にも内装リペア編で登場した、世にも珍しい左ハンドル6速MTの166です。

a0257092_1618391.jpg


タンクを伝って下へとつたい漏れ。。

a0257092_16184980.jpg


漏れの原因となっているクラックについておじさん2人が協議中!笑

a0257092_1619795.jpg


赤丸で囲まれた部分にめっちゃ細くクラックが入っています。
さて見つけられるかな~??
※拡大しても解りにくいです!


これはさすがに修理はできないので、ユニットで交換になります。。。
残念!!!

a0257092_16192711.jpg


祭りのつづきはまた後日!!
[PR]
by dms1025 | 2013-05-22 20:48 | イタリア車 | Comments(4)

フィアットパンダ 細かい修理編

タイトルの通り、ほんっまに細かいですよ!!

a0257092_19241085.jpg


パンダは、便利になった現代車とは一線を画している事はご承知の事かと
存じますが、冷暖房を一元管理できる”エアコン”ではござーせん。

ツマミを右へ左へまわして、を切り替えれる、便利装備ではなく、
暖房と冷房のユニットは別!!

昔で言う、後付クーラー!!

クーラーがオプション設定だった事も知らない世代の人もいるでしょう?

幼少期によく乗った伯母の軽四がクーラー無しで、蒸し風呂状態
だったのを記憶しています。
でもあの年代の車の”独特のニオイ”好きだったな~

まあ、そんな懐古的な話はさておき、ココ最近の暑さでパンダもクーラーを
作動させるタイミングが訪れました。

別体のクーラースイッチON!
そして風の向きを変えようとすると、変なひっかかりが・・・

a0257092_19482020.jpg


a0257092_19485688.jpg


あれ?一番下の一枚だけ動いてない。

ルーバー割れてる!!!!!!!!!

はい、僕これ一番キライなんです。
羽が全部シンクロしていない状態。

a0257092_19522183.jpg


さすがに細すぎてこのツメを成型するのは無理です。
作れたとしても強度を持たせる自信はありませんね~

ならばと、ルーバーに小さい穴を開けて細い針金でつなぎ、
上の羽と同じ動きを。

a0257092_19565468.jpg


a0257092_19591197.jpg


これでみんなと同じ動きができるようになりました♪

針金見えてるやん!?って?

細かい事は
  気にするな!

[PR]
by dms1025 | 2013-05-18 20:03 | イタリア車 | Comments(0)

プジョー206RC

またまた在庫ラインナップの紹介を!

プジョー206の最強モデル
206RCです!

a0257092_14161344.jpg


プジョーの根強い人気車種、206をベースに177馬力まで出力を上げた
スポーツモデルです。

スタンダードモデルの1600ccのXSは108馬力
その上のモデルの2000ccツインカムエンジンのS16は137馬力
さらにその上を行くのが177馬力のRCです!

なんか、すごそうでしょ?

単純に馬力を上げられた。と言う安直なモデルではなく、
随所に専用部品などが装備されています。
a0257092_14414720.jpg

まずは、RCのロゴ入りの専用のバケットシートになります。

シートの肉厚もしっかりあり、ノーマルシートの快適さに、バケットの
ホールド性が足された、イイとこ取りなシート。
素材もアルカンタラのコンビなんで、シート単体として考えても、ずいぶんな
お値段なんでしょうね~!

a0257092_1543737.jpg


残念ながら運転席の腰部分が摺れて穴が開いています。
ここはメッシュ地になっているので、リペアはできませんね~。
まあ、一箇所のみなので、そんなに気にならないかも?
座ってしまえば見えませんしね!笑

”でも、やっぱり気になるな~”と言うアナタは、こんな感じのバケットに
交換して見てはいかがでしょう?

※イメージ図※
a0257092_14495215.jpg


メーターシェルはレザー貼り、白ステッチ。
a0257092_15611100.jpg

リアシートも左右の座面が落とし込まれた、ある意味バケット!
a0257092_1564129.jpg

センターコンソールはカーボン風の柄になってます。
a0257092_157316.jpg

これは純正なのかわかりませんが、プジョースポールのステンレスマフラーです。
RCはそもそもがテールパイプ2本出しのマフラーが装着されているので、
純正なのか???ちゃんと車検対応のJASMAのプレート付いてます。
a0257092_1574017.jpg

ドアミラーもカーボン柄です。
結構ココを社外品のカーボンカバーに交換する方がいますが、最初から
カーボン調なので交換いらず!笑
a0257092_15174747.jpg

専用のルーフスポイラー!
a0257092_15175840.jpg

ホイールは純正の17インチではなく、、ENKEIのRPF1に変わってます。
大きいガリキズもなく、キレイです。
マイルドなローダウンとも相まってスポーティーさがプラス!
何よりも、16インチにインチダウンで、タイヤも安くなり経済的です♪

a0257092_15533330.jpg



と、ここまでが、目に見えて解る、スタンダード206とRCとの違いです。



その専用装備の中でも僕が一番”お!?”

となったのが、リアの足回り。



a0257092_15325970.jpg


イラストにある、左右をつなぐ、ダイアゴナルタイビームと言うアームが
足されています。これは感動しました!

どう作用するのかといいますと、コーナー進入時のアクセルオフでリアが
飛び出すの抑え、リアタイヤをしっかり粘らせるそうです。

馬力を上げるだけでなく、トータルバランスもアップさせてるんですね♪

まだその局面に出くわしていないので、恩恵を感じる事はできていないのですが
間違いなく”効く”でしょう!

これが僕の106にも付いていれば、コーナー手前でのイヤーな緊張感と
ドキドキ感は減ってたのかな~笑


なんだか乗りたくてウズウズしてきますね~!
でも現在、検査が無いのでのれません・・・

現車を見て、良ければ買いたい!って言う人がいましたら、仮ナンバーを
取って試乗してもらうのも可能ですよ!

ただし!

一回乗ってみたかった等の興味本位や冷やかしはご勘弁を!!

だって、自賠責に加入したり、
仮ナンバー代も必要だし、
色々とお金かかっちゃいますから。


真剣に考えたい方でしたら喜んで悩み解消のお供しますよ!笑
[PR]
by dms1025 | 2013-05-17 16:09 | フランス車 | Comments(0)

シトロエンC4ピカソ

またまた新入荷しました!

シトロエンのC4ピカソ!

a0257092_11591741.jpg

a0257092_12171738.jpg

う~ん。やっぱりいつ見ても未来的な感じですね~!
実にアバンギャルドなデザイン!
特に内装は、そう感じるポイントですね!

a0257092_1254574.jpg

a0257092_12145716.jpg



a0257092_1213925.jpg


ハンドルの真ん中回転しませんから!
一昔前に街中で見かけた、タクシーによく装着されていた、
回らないホイールキャップみたいな!笑

本当にシトロエンは奇抜な事をさせれば天下一品ですね!
それがズレた方向じゃないのが、すばらしい!

しかし、そんなアバンギャルドな内外装も、ピシっ!としていなければ
”なんだかな~”となってしまいますよね!

でも、ご安心を!
さっそく作業、取り掛かっていますよ!



C4ピカソはダッシュの上部に小物入れが装備されているのですが、
そのフタが熱害でやられていました。
生地が縮んで、端っこからはがれるようにめくれてきます。
一番熱を受けるので、仕方ない場所ですね~
大抵の車両はこうなってしまいます。

a0257092_19543997.jpg


今回入荷したこのクルマも例に漏れず、縮みがでていたので、交換しました!

a0257092_19562157.jpg


しかも・・・
新品に!!!

なんでこんなにアピールするかと申しますと、
その新品部品のお値段、なんと・・・

左右で¥5万円ナリー

ね!?変わってくれてたら嬉しいでしょ??笑

そして、現在フロントバンパー下部のキズをキレイにするのに
ペイントに出しています♪
板金から戻ってきたらまたアップします!
[PR]
by dms1025 | 2013-05-15 20:00 | フランス車 | Comments(0)

YJラングラージープ&メガーヌRS

これからの季節にもってこいの一台が入庫です!

a0257092_19225982.jpg


a0257092_189764.jpg


男臭い、ハードボイルドな感じでしょ?
白T・ジーンズに、タバコはラッキーストライク的な。

完全に個人的なイメージで発言していますが・・・笑

この手のジープの7~8割がリフトアップのカスタムがされているイメージが
ありますが、なんと珍しい事に!

ノーマルなんです!

しかも前オーナーさんが存分に愛情を注ぎ込んでくれていたので、
ボディーの状態も良いですね~!

軽く磨いてワックス掛けすると、ご覧のような艶が!

a0257092_19414151.jpg


新車から18年経過しているので、さすがにキズ一つ無いという訳には
いきませんが、人で言うところの”美魔女”みたいな感じでしょう。

トップもベージュに張替えられているのでキレイです!

a0257092_1881989.jpg


検査は10月まで残っています!
価格などはホームページにアップしますので、そちらでチェックを!

そして、在庫のメガーヌRSのエンジンオイルとエレメント交換をしました♪

a0257092_18211463.jpg


デニ男おじさんに『RSにはこれやろ!?』
とパッケージを見せられるも・・・・・

a0257092_18241431.jpg


はて??

『見てワカラン??』

はて???

ターボやし、5W-40やったら粘度はそんなもんやし~?
100%シンセのオイルやし・・・いったい何!!??

答えは↓

a0257092_18364623.jpg



赤くなぞった部分にありました!

パッケージに、メガーヌRSがFF市販車の最速レコードを樹立した、
あの”ニュルブルクリンク”
なるほどね!笑


と、みんなでテンションを上げていたのですが・・・
どうやら調べてみると、あのコース図は・・・
ニュルではなさそうです。

a0257092_18553079.gif


でも、オイルは交換できたのでよし!
[PR]
by dms1025 | 2013-05-05 18:59 | アメ車 | Comments(0)
検索
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
お気に入りブログ
ライフログ
メモ帳
ファン
外部リンク
最新のコメント
ブログジャンル
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
人気ジャンル
ブログパーツ
画像一覧