P-S Days


プラスパーの『P』こと服部のブログ。お暇つぶしにいかがでしょう? ホームページはこちら http://prosper-car.com
by dms1025
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

FIAT ムルティプラ ミッションO/H

新在庫、ムルティプラのミッションオーバーホール作業に取っ掛かりました。

a0257092_1674471.jpg

a0257092_167815.jpg


症状は、4速にシフトすると跳ね返されてシフトが出来ない。

4速が使えない。

だったのですが、バラしてすぐに
原因が判明!

4速ギアのニードルベアリングが粉々に粉砕されて、無くなっていました。。。

危うく、3速のベアリングも本体の樹脂が溶けて、粉砕される寸前!

危ない危ない。。


a0257092_16145132.jpg

a0257092_16151035.jpg


理屈としては、4速のギアのベアリング破損に伴いギアにガタが出る。
そこにシフトしようとしても、ギアにガタがあるので、
上手くかみ合わずギアが跳ね返される。
と言う流れです。


こうなった原因として考えられるのが、

FIATのほとんどの車種はブーツにベアリングが付いていて、ブーツ本体は
回転しません。


そのベアリングを潤滑させる為に”IN”側のドライブシャフトブーツの中まで

ミッションオイルを溜める構造になっています。

したがって、FIATは

”IN”側のドライブシャフトブーツが破れると

ミッションオイルが、そこから漏れます。


一般的には、ブーツが破れても少々は大丈夫なのですが、
※注 ブーツが破れるとそこからグリスが飛び散ってしまいます。
    その状態で走行を続けるとベアリングにガタが出て、最悪シャフトごと
    交換するはめに・・・ 出費がかさみますので、処置はお早めに。


FIATの場合、グリスより重要なオイルが出てしまうので、放置すると

ミッションオイルが無くなってしまいます。

ミッションオイルが無くなると、もちろん潤滑されなくなったベアリングは

焼けつきます。その結果、こうなります。

この車も、ミッションを降ろす前にドレンを外してミッションオイルを抜こうとしても、
ほとんど出てこなかったらしいですから・・・

これからの作業は、まずベアリング交換。
そしてウチにあるアルファ145の部品取りミッションからイイ部品を頂き、
イイとこ取りミッションを作って、修理完了。

いや~恐ろしいですね~

みなさん!
ドライブシャフトブーツの破れには
気を付けましょう♪

[PR]
by dms1025 | 2012-10-24 17:04 | イタリア車 | Comments(0)

怪物 VS 赤い雄牛

youtubeを観る時、最近はまず、ゴルフのレッスン物に始まり
一通り観終わると、この二人の動画を必ず探してしまいます。笑

で、新しいのを見つけてきました。

そこで勝手にジャッジをして、甲乙を付けてやろうと思いましたが、
この対決に勝ち負けなんかありませんでした。

どちら共アホの領域を超えてます。

モンスターエナジー代表、フレッド・クロセット


レッドブル代表、ジュリアン・デュポン


たまに、真似をしてみるも、敢え無く撃沈。
バイクは同じ物を所有しても、
腕前は同じ物を所有できず。。



しかし、レッドブルしかり、モンスター、ロックスター等スポーツドリンクの
メーカーのイケイケ具合はすごいですね~

グローバルなビジネス展開をすると、
そんな唸るほど儲かるのか!?


と言う事で、プラスパー世界進出の足がかりとして
デニ男おじさんには、月末からアメリカに飛んでもらいます。

2週間ほど。

夫婦で・・・・・

って、ただの旅行やん!





今月の28日より、デニ男おじさんが2週間不在になります。

お土産のご依頼をされる方はお早めに!笑
[PR]
by dms1025 | 2012-10-18 17:24 | その他 | Comments(0)

シトロエン クサラピカソ



動画は、どうやらブラジルのテレビCMの様ですが、
あんまりキレイな『雨』ではなさそうですね 笑 
天使にも『垂涎の的』の様です。

今回うちに下取りで入庫してきたのは、クサラのミニバンモデル。
正確にはモノスペースセダンと言うジャンルに分類される、
『Xsara picasso』 シトロエン・クサラピカソです。

a0257092_18163827.jpg

a0257092_18233137.jpg

ちょっと出る用事があったので試運転がてら、走り屋の聖地である箕面の
山道を走ってみました!

見た目通りに腰高な車なので車体のロールがひどいんだろうと
予測していたのですが見事に期待を裏切ってくれましたね~笑

車体のロールも少なく、実に安定した旋回をしてくれます!
これには本当にビックリしましたね~!
目隠しで運転したら、普通のハッチバックと言われても気付きません(笑

開発の段階で、想定されている速度域が日本とは全然違うんでしょうね~
日本は高速道路でも100㎞制限ですしね。

オートマはプジョーと同じく、学習機能付きのオートマで、街中では
2~3のシフトアップのタイミングも遅く、なんだかな~って印象を
受けるんですが、山道に入るとそれが逆に最高です!

ただ車重1360Kgがあるので、加速感は期待しないで下さい。笑

もちろんファミリーカーとしての機能性もしっかりとございます!

a0257092_19171226.jpg

リアシートは全席脱着できます♪ 奥行き170cmの大容量!
a0257092_19172811.jpg
 
リアゲートの開き具合は2段階に固定できます。
目一杯開くと2M近くゲートが開くので、頭をぶつける事は無いでしょう!(笑
a0257092_19174855.jpg

リアシート足元には、まるで忍者のからくり屋敷を彷彿とさせる小物入れが!
あんなモノとか~こんなモノ。とかを隠す様に収納できます。
a0257092_1918797.jpg

これでMドナルドのドライブスルーも怖くない!リアテーブル装備(笑

もうすぐ紅葉のシーズン到来ですが、クサラピカソで紅葉を見に京都へ~
と言うのもなかなか良いかと思います。


a0257092_1037378.jpg

a0257092_1038965.jpg


妄想は膨らみますね~(笑


・交換予定の部品達

タイミングベルト、テンショナー、ウォーターポンプ、クーラント
タイヤ4本。エンジンオイル交換。

外装はポリッシュ済み!

タイミングが合えば代車で乗れますよ~♪
[PR]
by dms1025 | 2012-10-17 10:47 | フランス車 | Comments(0)

新入り FIAT ムルティプラ。

a0257092_1748524.jpg


え~っと・・・

ブッサイクでしょ!?


a0257092_1993489.jpg


僕自信、発売当初は受け入れにくかったのですが
年々、気になる存在になってきまして。。

入庫した時には車の廻りをグルグル廻りながら
ニヤついてしまいました。笑

これもまた、ランチアに引き続き、

車好きの中でも好き嫌いの意見がスパっと別れる車種ですね~

なんせこのルックスですから!笑

その見た目から

「世界で最も醜い車」、
「この車は実際に乗るべきだ。
何故なら車の中にいる限り、醜い外観を目にしなくて済むから」


と、『いいニュースと悪いニュース、どっちから聞きたい?』的な?

いかにも外人らしい表現で評価されています。笑

でも実際に乗ってみるとこれが楽しめるんですよね~

このモデルは日本に正規輸入されているグレードが
5MTのみ!
と言う潔い設定がなんとも変態的で
私を含め、車好きの変態達の購買欲を掻き立てるじゃないですか。笑

a0257092_1817146.jpg



車格からすると、MT車でも、どんクサイ走りをするのかと思えば
意外や意外、キビキビと走るんです!

今現在、ミッション不良で4速にシフトした時に跳ね返される状態だったので
気持ちよく1~5速までのシフトアップはできずだったのですが、
1360Kgの重量がある車の走りではなく軽快な走りをしてくれます。
エンジンも1600CCなのに。

この要素も車好きが気になってしまう要因の一つなんですよね~笑


外装のデザインは然る事ながら、内装も個性のカタマリです!

a0257092_18381049.jpg


3名×2列の計6名乗車。

前に3人ですよ??
しかもベンチシートじゃなく、独立シートで!


後列は後列で、シートが1席ずつの取り外し可能になっているので
シートアレンジの自由度は満点!◎

a0257092_1840552.jpg

a0257092_18411224.jpg


こんなに便利なファミリーカーなだけにインパネから生える
MTシフトレバーが余計に不思議に映ります。笑

a0257092_1847408.jpg


この車もまた、ミッションオーバーホールの後に一連の作業を施し
検査受けして、代車兼、売り車になる事でしょう。

代車で借りれるんやったら乗ってみたい!と思った人は~

変態認定です!
[PR]
by dms1025 | 2012-10-07 19:13 | イタリア車 | Comments(0)

往年の名車205Gti Dimma

僕がまだ免許を取って間もないころ
現役バリバリだったプジョー205Gti。

免許を取ったのはついこの間の様に想うの
ですが、もう20年近く前の話なんですね~

『光陰矢のごとし』

この意味が年々身に滲みて解る気がします。

2012年も残すところあと3か月。

時が経つのは早いもんですね~

しかし!いくら時が経ってもカッコイイもんはカッコイイんです!

それがこれ!↓

a0257092_19282512.jpg

↓ ※ ノーマル205Gt i※ ↓
a0257092_19292041.jpg


a0257092_19294848.jpg


ノーマルと比較すれば一目瞭然ですね!

205Gti Dimmaですから!

205Gtiをベースに、ベルギーの『Dimma』が制作するワイドボディーキットを
組み込んだのが205Dimma。

80年代にWRC等で活躍したプジョー205ターボ16

a0257092_19363342.jpg
a0257092_19364440.jpg


をイメージして制作されたボディキットです。

この角度から見るブリスターフェンダーはタマランでしょ!?笑

a0257092_19393833.jpg


初年度登録が平成2年なので22年前の個体になりますが

大切にガレージ保管されていたらしく、ホコリは被っていましたが
ボディーは磨けば光る、原石!

パテの割れも何か所か見えますが年式から考えると、
『これはそんなもの!』と割り切った方がいいでしょうね。
言い出したらキリがありません 笑

内装もレザーシートの表面のヒビ割れや、亀裂が入ったりしています。
まあ、そこはいつものリペアで修復できますけど。笑

a0257092_19575838.jpg
a0257092_19582964.jpg
a0257092_19581743.jpg
a0257092_19585096.jpg


ひとつ厄介なのがミッションのベアリングのゴロゴロ音。
ラッキーな事に中古ミッションのストックがあるのでこれは積み替えになるでしょう。



作業が終了して試運転ができる日を楽しみに♪

17年前の感覚がよみがえるかな~笑
[PR]
by dms1025 | 2012-10-03 20:05 | フランス車 | Comments(0)
検索
カテゴリ
最新の記事
プジョー407SW
at 2017-10-13 21:16
エンドレスな掃除③
at 2017-09-10 20:27
エンドレスな掃除②
at 2017-09-08 20:57
エンドレスお掃除
at 2017-09-04 19:52
艶力 ~エレメント~
at 2017-08-25 20:02
以前の記事
記事ランキング
フォロー中のブログ
ライフログ
メモ帳
ファン
外部リンク
最新のコメント
ブログジャンル
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
その他のジャンル
ブログパーツ
画像一覧