P-S Days


プラスパーの『P』こと服部のブログ。お暇つぶしにいかがでしょう? ホームページはこちら http://prosper-car.com
by dms1025
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

UKニッサン デュアリス

春の陽気に乗って次はエゲレス(イギリス)の日産車がきました。

その名も日産デュアリス!
a0257092_15383724.jpg

発表当初のテレビCMの段階で海外の雰囲気は出てましたよね~
USAなイメージだったんですが。。

日産の世界戦略車で、ワールドワイドに販売されていて、
ルノーのプラットフォーム使用し販売国に合わせて名前、
エクステリア、エンジンユニットを変えて売り出されてます。
ディーゼル仕様は欧州でバカ売れみたいです!!

日本販売車両は販売開始の07年5月~07年12月の1年弱のみ
をイギリスで製造し日本で輸入販売された車両です。
その後はユーロ高騰の影響と、予想をはるかに上回る受注で生産が
追いつかなくなり日本向け製造ラインを九州に移転し、現在に至る。
と言うサイドストーリー付きです!

初期モデルのみ純英国産です。
そして今回Prosperに入庫したのも初期モデルの
『英車』です←購買欲を煽る(笑 



日本ではエクストレイル、セレナ等に搭載のMR20エンジン+CVT

a0257092_1546423.jpg


信頼のユニットを持ってきましたね~


足回りは減衰力特性に優れたザックス社製ハイスピード
コントロールショックアブソーバーが組み合わされている。らしいです。

確かに腰高のクロスオーバーにしては高速安定も良いのですが
少々ステアがクイック過ぎる気もしないでもありません。。

何をいっても、色が最高です!
人が好まない色を大好物とする、デニ男おじさんとPには
たまらん色です♪

エエ色ですね~

a0257092_19165797.jpg


ルノー傘下の世界戦略車とあって、ルノー部品が使われている所も
あり、各部パーツをまじまじと眺めてみるだけでも楽しめます。(笑

一度眺めにこられてみてはいかがでしょうか?
[PR]
by dms1025 | 2012-03-31 15:57 | その他 | Comments(0)

ランチア祭り♪デルタ-エボルツィオーネ1&イプシロンDFN

春の陽気と共に店にやってきたこの2台♪

フェラーリ以外のイタリアンカーが随分市民権を得て来たこの時代に
現在日本に正規輸入されていない老舗メーカーLANCIA。

うちにいらっしゃる様な変態(笑)失礼いたしました。
車フリークなお客様は当たり前でご存じでしょうけど、『なんて読むの?』
って言う方も沢山居ると思います。
ストラトス、037ラリーの様なレーシングカーに幼心に憧れを抱いた
のを覚えていますね~カッコ良かったな~

さて今回入庫してきた1台目!
LANCIA デルタインテグラーレ.エボルツィオーネⅠ
1年だけしか製造されていなかったのでエボⅠはある意味レアです!
前オーナーさんが乗り換えの為、入庫しました。
メンテもマメにされていた履歴もあり、状態は良い方かと。
赤なのでどうしても色の飛んでくるのは宿命ですが
なんせ発売されたのが約20年前と、ネオクラシックカーの領域に入ってきて
ますので(笑

a0257092_2325796.jpg


インテグラーレと同じエンジン、駆動系を持つアルファロメオの155Q4を
以前に何度か乗ったんですが155より車重が軽く重心が低いので、
やっぱりデルタの方が軽快でバランス力は長けていますね~

ブーストがかかるまでのターボラグが結構あるのは同じでしたけど(笑
ターボが効きだすとドッカーーンです!

a0257092_2334041.jpg


思っていた以上にボディ剛性と足の安定感はありました!
憧れのデルタに乗るチャンスは今ですよ!!!
注)代車では出せませんが(笑

※現在の不具合箇所※

・ブースト計が不動の為インターセプトピークポイントがワカリマセン。
・クーラーガスが1年ぐらいで抜けるらしいです。現状は効いてます!
 (前オーナーさん談)
・クラッチのミート位置が高いので近いうちにクラッチO/Hが必要かも?
・全体的なヤレ。 
 前記した様に約20年前の車ですので、年式相応にはなりますが
 前オーナーさんが愛情を掛けて維持されていたので比較的きれいな状態
 を保っています!

さてお次はランチアのコンパクトラグジュアリーカー
イプシロンです。
a0257092_2353244.jpg

前モデルのイプシロンも豪華な内装でしたけど、2代目イプシロンは
さらに気品に溢れ、洗練された感じです!
めちゃめちゃオシャレ!

a0257092_236944.jpg


初代は玄人受けなエクステリアでしたが、2代目は内外装共に万人受け
するデザインですよね!
機関系はフィアットパンダと同じユニットなので安心感はあるかと。
タイベル、ウオポン、テンショナーを6万キロ代で交換していますので
ラッキーです♪

入庫時にシートの黒ずみが気になったので、デニ男おじさん直伝の
レザークリーニングでお掃除しました。
白い部分は、より白く!
a0257092_236424.jpg

a0257092_237671.jpg

走りはパンダと同じくオートマがモッチャリしますが車のデザインが
それをカバーしてくれます(笑

パンダ同様、飛ばさなくても気持ちいい『何か』を持っている魅力的な
車ですね。

Wサンルーフからの日差し、星空が気持ちを豊かにしてくれます♪
ドライブのお供にBOSEサウンドシステムもついていますから☆

a0257092_238323.jpg


※現在の不具合ポイント※
・エアバックのエラーが気分次第で表示されます。う~んイタリア~ン。
・クラッチの交換履歴が不明なので、もう時期なのか?現在不具合ナシ!
・オシャレなので着る服に困る。
 
こんな感じです(笑




う~んこの両極な2台。どちらも捨てがたい!!
さあ!アナタならどっち??
[PR]
by dms1025 | 2012-03-27 15:01 | イタリア車 | Comments(0)

peugeot 206cc s16

待ちに待った(?)オープンカーの季節になりましたね~
毎年、春先のまだ寒い時期からデニ男おじさんは、『オープンカーが欲しい欲しい病』
を発病する傾向があるのですが、今年も例外なく買ってきちゃいました。

Peugeot206CC S16
a0257092_12565913.jpg


206CCは僕も好きな車の中の一台なんです。
リアトランクデッキのなんともクリエイティブなデザイン
ルーフライン~リアピラーまでの、違和感なく流れるアール。

a0257092_13161049.jpg


あくまでも206のオープンモデルにもかかわらず本腰いれてのデザイン!

そのデザインにツインカムエンジン+MTの組み合わせで楽しくない訳がありませんよ♪

近年の車はトラクションコントロールの制御でタイヤの空転を抑えるので
エンジンのパンチを感じにくいんですが、206には装備されていないので、
パワーのダイレクト感がハンパないです。


出足に鋭さはないものの4000RPMあたりから踏み込んでいけばカーンと 
 レッドゾーンまで一気に吹け上がる、VTECにも少し似たエンジンフィール。
そんな官能的なエンジンと『あっ、オレ運転が上手くなったかも』と良い錯覚を
させてくれる←これ重要(笑)足のセッティング+適度にしなりのあるボディの柔らかさも
 兼ね備えています

かと言っていざ、サーキットに持ち込んでみたりすると断然シビックの方が速い
 んですけどね(笑)



でも色気というか、味というか五感に訴えかける気持ちよさを持っているまさに
『ラテン車』なんですよね~♪

a0257092_1449442.jpg

a0257092_14462689.jpg

a0257092_14473188.jpg

a0257092_1431284.jpg


ゴールデンウィークに亀岡ドライブも気持ちよさそうやし、デニ男おじさんに言って
 乗って帰ろうかな♪

もし、修理代車でCCをご希望の方はお早めにお知らせ下さいね!
タイミングがずれると僕が乗って帰って堪能してしまいますので(笑
[PR]
by dms1025 | 2012-03-21 14:50 | フランス車 | Comments(0)

By The Sea

先日、名古屋に納車で向かう時に
渋滞を避ける為に迂回した道での
ヒトコマ。
やっぱり海はいいもんですな~

見てるだけで癒されます。
なんなんでしょうね、自然の力って。

a0257092_19165530.jpg

a0257092_19173515.jpg

[PR]
by dms1025 | 2012-03-18 19:12 | その他 | Comments(0)

赤祭り

今週は赤い車2台が新しいオーナーさんの下に旅立ちました!

これからどんな思い出を創られるのか楽しみです♪

ありがとうございました!
a0257092_0144213.jpg

a0257092_0164438.jpg


よく考えてみたら、両方ポルシェの遺伝子を持ったの車でした!

ポルシェ博士は偉大です。
[PR]
by dms1025 | 2012-03-11 12:09 | ドイツ車 | Comments(0)

違いの解らないオトコ

デニ男おじさん家で30年ほど前から愛用されていた
新居家伝統の手動コーヒーミルと樽。

a0257092_1492419.jpg


鋳物で出来ていて、ずいぶん質感の良いミル。
なんとも言えぬいい造りしてますね。

なんと言うか、SL(ベンツでなく、機関車の)のような武骨な細部の造り。

デザインされているのか、そうでなく必然でこの形になったのか。

なんて想いを馳せながら豆を挽き、挽きたて珈琲の香りに包まれながら
雨の日曜の午後のひとときを過ごす。

※注)Pはお子ちゃまなのでブラックコーヒーは飲めませんし
    コーヒーの味の違いなど解りません!

 
う~ん。男35歳、違いの解らない男です。
[PR]
by dms1025 | 2012-03-04 14:33 | その他 | Comments(0)
検索
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
フォロー中のブログ
ライフログ
メモ帳
ファン
外部リンク
最新のコメント
ブログジャンル
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
その他のジャンル
ブログパーツ
画像一覧