P-S Days


プラスパーの『P』こと服部のブログ。お暇つぶしにいかがでしょう? ホームページはこちら http://prosper-car.com
by dms1025
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:フランス車( 62 )

ルノー・メガーヌRS

今日は試運転がてらメガーヌRSのネット掲載用写真を撮り直してきました。

ボディカラー黒、ホイールも黒となると”イカツイ”イメージに写るのかな?
と思い、洗練されたフレンチデザインの爽やかさもお伝えできるように
爽やかに見える?場所で撮影してみました。

a0257092_17341120.jpg


やっぱり欧州車は石畳が似合いますね~♪

a0257092_18104546.jpg


今回は宝塚の山を上がったところにある、某施設で撮影させていただきました!

わざわざ山道を走らんでも・・・と思われるかもしれませんが、

わざわざ走りたくなるんです!

この車。


釣竿持ってたら釣りに行きたくなるでしょ??
クラブ持ってたらゴルフに行きたくなるでしょ??

そこまで特化してはいませんけど、似た感じです!笑

だって気持ちよく曲がれるように作られてるんですもん!

山道を走る目的が無ければ、
  作ればイイんです!



それと、つい先日小耳に挟んだウワサなんですが、
メガーヌ3のRSって前期モデルが250馬力で、後期モデルになって
265馬力にアップしました!ってカタログに表記されているんですけど、
前期モデルのRSをシャーシダイナモに乗せて馬力測定すると、

280馬力出てるんですって!

って事は、
前期280馬力>後期265馬力
という逆転現象が起きてしまっています!

自分の目で確かめた訳では無いので真相は明らかではありませんが、
調べてみると、そんな内容とデータが記述された記事が何件か。

根も葉もないウワサって訳でも無いのかな・・・笑

信じるも信じないもアナタ次第ですけどね!


後期の方が馬力が出てるしな~とお悩みの方、ひとつ悩みが解決しましたよ!笑
[PR]
by dms1025 | 2013-04-17 17:51 | フランス車 | Comments(0)

フィアット・ムルティプラ 内装バージョン2

先日、私の一番の仕事のパートナーが逝ってしまいました。
ノートパソコンVAIO氏。
スタート画面からウインドウズが立ち上がらなくなり、画面が真っ暗なまま。。

システムの復元を試みるも、蘇らず。


そのため現在、一台のパソコンを3人がひしめき合って使用している状態で、
ブログ更新が滞っております・・・すいません。。

な~んかパソコンのシステムって良く解りませんね~
もう一歩踏み込んで学ぶ気持ちになってないんで余計になんでしょうね。
再インストールするしか手は無いのでしょうか???
詳しい方!アドバイスください!笑

ブログはそんな感じですが!!!

いつもの作業は進めていますよ!

さて、今回はムーさんのダッシュ廻りを再塗装です!
昨年にバージョン1の塗装をしていたのですが、どうもシックリ来てなくて・・
シートなどの内装がブルーなんで、その色に寄せてみたんですケド、
いざ組み付けてみるとなんかイマイチな。。

それではお嫁に出せません!!

これからフィアンセのもとに向かう前に
       キレイに塗りなおしましょう!


a0257092_1948194.jpg


a0257092_1949465.jpg


a0257092_19514817.jpg


ほかの車種からすると比較的、ラクにダッシュをバラせるのですが、
ビジュアル的に~たいそうです。笑

でも一見たいそうな、全バラよりも”塗装を剥離”これが大変です!

a0257092_19554542.jpg


エアコンの吹き出し口のルーバーの一枚一枚までとなると、まるで
フルマラソンを走るかのような気持ちになれますよ。笑
注)走ったことはありません。このだらしない体で走りきれる確立はゼロです・・・
a0257092_19551896.jpg


この下準備が終ったときの達成感たるや、すごいものがあります!

さーてここから塗装へ!


a0257092_19562256.jpg


究極の”エコ塗装ブース”で塗装!笑

バージョン2では純正色に戻すので、色合わせが大変。。

調合して、吹きつけ、乾燥をさせてチェック!
この作業が5~6回繰り返されます。

一見、普通のグレーなんですが、ウォームカラー(暖色)も入った感じの色で・・・

悩みましたね~!

途中で黄色を足すのか赤を足すのか解らなくなります・・・

センスの良い人なら、そんなに時間もかからないんでしょうね~!

ダッシュ廻りの部品の塗り分けが、計3カラーなので、全ての
部品の色合わせをして、塗り終えるまで夢でうなされそうです。笑

仕上がりは近日公開!!
[PR]
by dms1025 | 2013-04-01 20:43 | フランス車 | Comments(0)

プジョー205Gti Dimma~シートリペア編~

ありがたい事に常に整備車両で工場が満タン状態で、なかなかミッション
載せ替えに辿り着けない205Dimmaです。。

メカニック作業とは別で、”リペアや、磨き”など、まだ私で進められる作業も
ありますので、先にそちらを。

って事で、今回は運転席の座面に生じた3か所ほどの破れをリペアしました!

赤い皮膚や、青い皮膚など、全数十色のクレパスの様に、カラフルな皮膚の
牛がこの世に生息していれば、塗装をすることなく、色んな色のシートが作れる
んですけどね~

でも、そこまで人間に都合のよい世界になれば、いよいよこの地球は滅びて
しまいそうなので、ヤメにしましょう。

以前にも書きましたが、レザーの製品は、カバンにしても、靴にしても、
ほとんどの物が塗料で着色されています。
その塗装が、まず割れて次に革本体が破れます。

表面の擦れだけなら、頑張ってみるのですが、破れのリペアとなると、
私の腕では”力量不足”と判断、今回はその道のプロに依頼しました。


a0257092_1859056.jpg


”擦れ×破れ”という、嬉しくないコラボレーションで相当苦労されたみたいです。

a0257092_1945094.jpg


a0257092_19203884.jpg


a0257092_19205369.jpg


a0257092_1921539.jpg


a0257092_1922967.jpg


a0257092_19222226.jpg



キレイにリペアされていました!!


ただ、リペア屋さんも言っていましたがリペアには限界があり、
 あくまでもリペアです。
リペアした場所、してない場所で模様と比べると、若干の違いもありますし、
 完全にリペアした箇所が解らくなる訳でもありません。
リペア箇所は、レザーが補強されていますがその他の部分は補強されて
 いないので、次の弱い部分にしわ寄せが行く事もあるでしょう。

でも、まだ使える物は修復をして使う。

張り替えが一番仕上がりが良いのは誰もが解っています。
でも、何万円も何十万円もする、張り替えをみんながみんな出来る訳でも
 ありません。
だから、手の届く、リーズナブルな価格帯で”リペア作業”をやってます!
そのお陰でビンボー暇なしですわーーー!と。(笑)

なるほど~!
古くなったら、すぐに新しい物に買い替える、消費文化の昨今、
『物を大切に使う』と言う基本テーマはウチと同じですね!

だからと言って、”もったいないから、なんでもかんでも直しましょう”ではなく
その物の限界点を見据えた”バランス”が重要ですけどネ!

とにかく、シートはキレイキレイ!



205Dimma、着々と仕上がってきてますよ!!
[PR]
by dms1025 | 2013-03-14 20:06 | フランス車 | Comments(0)

シトロエン・クサラピカソ ちょいリペア

ここ2~3日は、春の暖かさ・・・でしたね。

”でしたね”ってのがミソなんですよ。

今日もここ数日のノリであったかいもんだと思いこんでました。
上着無しの薄着で出勤です!

本日の大阪は気温20℃/13℃の降水確率は20%の予報。

じゃあなに?池田だけ?

工場が揺れるぐらいの風が吹き荒れ、しまいには雨までザーザー降る始末。
隣の空港の飛行機が風でひっくり返ったとか返って無いとか。
風を切るのが仕事やのに、そんな訳は無いとして。

事務所も寒い寒い。。トイレに行く回数が老人並みです。
さっき行ったばかりなのに催す自分が嫌になります。。寒かった。




さて、今回の作業写真は昨日の写真なので、小春日和の中の作業です。

でも、もう間もなく、クサラピカソのスカイルーフが気持ち良いシーズンですよ♪
a0257092_2035388.jpg


昨日は意味無くサンルーフを開けてしばらく眺めていました!

a0257092_20373265.jpg
a0257092_20374375.jpg

a0257092_20425926.jpg


屋根の8割はガラスですもんね!気持ちいいですよ~!

『やっぱり、これ気持ちいいな~』って、湾岸線で神戸方面に車を走らせました。
左手に海を見下ろしながら、ガラスいっぱいに降り注ぐ日差しを浴び、
休日の午前中の高まる気持ちを味わいました!




脳内で・・・

でも、想像してみて下さい!気持ちイイでしょ!?




そうして、一通り妄想が終わった所で、汚いポイント発見!!

ドアハンドルのシルバー剥がれてるやん。

a0257092_20554248.jpg


これは直さないと!


いつもの様に、塗装をはがし、下地を出しまして、


a0257092_2056426.jpg

※もんたよしのりが履いているパンツの柄に見えますが
 たまたま写真を撮るのにそこに置いただけです。 ただの敷物です。笑



a0257092_210026.jpg



ハイ!完成!!


色が元に比べて、微妙に明るくなったので、合間を見て残り3つも塗りま~す。


そして、次回はまた”ムーさん”です。


先日オーダーした部品達が届きました!

内装部品数点やリアゲートのダンパー
など、述べ10万円近い部品が

なんと!新品に変わります!

[PR]
by dms1025 | 2013-03-10 21:14 | フランス車 | Comments(0)

205GTI Dimma~ベルギーからのメール~

先日店のパソコンに届いたメール・・・

↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓

a0257092_1330431.jpg

誰がどう見ても怪しすぎるでしょ!?


Please visitって。。。


誰がこんな怪しいURLに誰がVisitできんねんな!!!???

ウチはスタッフ全員がどこからでもアクセスできるように、ヤフーのフリーメールを
メインに使っています。なので、こんな迷惑メールは、なんやかんやと
送られてきます。

でもこれは、ウイルスのオマケ付きか、CH○NAのパチモンブランド屋の
サイトにつながるのか~はたまた、どエライエ○チなサイトにつながるのか、
得体が知れないにも程がありますよね。。ダメな香りがプンプン!

でも、URLの中に『dimma』の文字が。

このご時世、情報なんてもんはジャンジャン垂れ流されているんでしょう。
店のパソコンで検索している情報をどこぞの誰かが吸い上げて、
その情報を元に『この文字を入れておけばあんたはアクセスするんでしょ?』
的な、URLを作り、それをメールで送りこんでくる。なんて事も簡単なんでしょう。
※あくまで、パソコンに疎いアナログ野郎の勝手な推察です※

でも・・・な~んか気になったので、アクセスしてみました。
すると↓↓↓

a0257092_13515282.jpg


えっ!?
うちの205Dimmaの画像が出てるやんか!?

そしてなんとそこには
 『Dimma Design Official』
の文字が!!

怪しいどころか、なんとベルギーのDimma社から直々のメールでした。
ディンマの方がネット検索をしていたらウチの車がヒットしたらしく、その方が
オフィシャルのフェイスブックにうちの205の画像を載せてくれたみたいです♪
それを知らせるのに、ウチのホームページを探してメールを送ってくれた。
な~んか嬉しいですよね♪

これで、うちの205は
”Dimma社認定のお墨付き”な訳ですよ!
それよりも、はるか遠い異国の地の、この車を造った側の人と繋がれるなんて
すごいですよね~!

今まで開く事もなく、見た目で明らかに怪しいメールは、即削除!
していましたが、ひょっとしたら、その削除されたメールの中にも
こんな素晴らしい物が紛れ込んでいたのかも!?

よーし!これからは『本物ヴィ○ンが安い!80%OFF!』
ってメールを送って来るCH○NAサイトにもジャンジャンアクセスするぞ!!
書いてある通り、本物かも知れないしね!(笑)







P・S

紹介してもらっている文面に

”shipped to The Netherlands ”

オランダに行ったって書いてありません・・・?

日本の池田市にあるんですけど!?

私の語学力の無さでしょうか???
[PR]
by dms1025 | 2013-03-02 14:37 | フランス車 | Comments(0)

ルノー メガーヌRS

今日は春を感じさせる様ないい天気でしたね~

上着を脱いで在庫のムルティプラの掃除なんかしてみました!
ボディー全体~ボンネット裏などの細部までワックス掛けをしたので、
『アリも歩けないボディー』
にしてやりました!ワックス効果でツルンツルンのトゥルントゥルンです!
仕上がりは後日に!

さて今日は前々回に書いていた、『デニ男おじさん買っちゃったの!?』

の件についてです。

何を買ったのか!!!???

↓これです↓

a0257092_18401641.jpg

ルノーメガーヌRS
2000CCのツインスクロールターボ・250馬力のエンジン
Brembo製4ポット・モノブロックタイプの赤キャリパー。
もちろん正規輸入車なので、”シャシー・カップ仕様”のハードなヤツです。

知る人ぞ知る、ドイツのニュルブルクリンク北コースで2011年に、
FF市販車の最速コースレコードを塗り替えた、かの有名な車です。





そんなハードなヤツに、このキレイなボディーライン!

ゴリマッチョなのにオネエ。

いやいや、鍛え上げられたアスリートの美しいボディーかな?


エッジの効いたデザインかと思いきや、サイドステップのアールだとか
リアフェンダーの膨らみ具合だとか、一見サイバーな仕上がりに見えがちだけど
直線、湾曲のあるキレイなライン!美しい!

見れば見るほど考えさせられる素晴らしいデザイン!
国産メーカーもこうあって欲しいですよね~!
バイクメーカーのデザイン力は世界照準になってきてるんですけどね~

あ!でも、最近のマツダのデザインは好きです。


それにこのRS、内装も専用のレカロシートで、これがまた良いんです!
a0257092_19194694.jpg

a0257092_19211571.jpg

シートのホールド性はレカロのバケットなのでいまさら言うまでもありませんが、
やっぱり良いですね~腰から、背中まで隙間ができないので疲れもありません!
ペダル位置、ハンドル位置も”体のど真ん中”のいい位置です!
案外、真ん中からずれている車多いですもんね!

そのすんばらしい室内の、ど真ん中にデーンと鎮座するのが
”RSモニター”

a0257092_19311241.jpg


普段はオーディオの情報や、時計など、日常に必要な情報モニターですが、
手元のファンクションスイッチを操作してやると、途端に”本気”をだしやがります。

a0257092_19342667.jpg

a0257092_1935391.jpg


その機能は
ラップタイム・0-100m 0-400mのタイム・ブースト圧
油温・吸気温度・アクセル開度・ブレーキプレッシャー
果てはGセンサーで、車体に掛かる前後左右のGまでリアルタイムに
グラフで表示します。

そして最大のお楽しみはESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)
をオフにし、ファンクションスイッチを操作し、エンジン制御モードを変えてやります。
すると瞬時にアクセルレスポンスが変わります。

スポーツモード、スノーモードなど、ドライバーに優しいモードもございますが、
その中の一つ、”Extreamモード”はヤバいです。危険です。
一切の電子デバイスを介さなくなるので、”この車の本来の姿”になります。

いままでこんなにコンピューター様に支えられてきたのか~!?
と、ぬるま湯に肩までどっぷりと浸かっていた自分が恥ずかしくなります。。

ハイスピードでも直進安定はバツグン!そこから一気にブレーキング!
それでもバタつくなんて皆無!
コーナーではクイックにスっと切れ込み、ロールもしっかり抑えてくれます。

進入でアクセルオフ!リアを滑らせ、車体の向きを変え、すぐにアクセルオン!

            が!

できる人が乗れば最高に速く走れると思います。

私は腕が無いので、できれば優しくスポーツモードまでで走りたいです・・・

とにかくこの、デザイン・スペック・特別感はなかなか味わえないでしょう!

恐るべしルノー!

価格等の詳細は後日、ホームページや、カーセンサー・Gooネットにアップしますので
そっちもチェックしてみて下さい♪

乗りたいでしょ?試乗したいでしょ!?

じゃあ、いつ乗るの!?

今でしょ!
[PR]
by dms1025 | 2013-02-28 20:48 | フランス車 | Comments(0)

ルーテシア ルノースポール~ヘッドライト編~

今回は違う”ネタ”で行く予定だったのですが、
またルーテシアRSです。

以前にヘッドライトレンズの磨き作業をしたのですが、
内側の曇りが取れないのと、全体的な曇りが気になったので
レンズごと交換する事にしました!

a0257092_16525727.jpg

a0257092_16531971.jpg


ラッキーな事に新品のレンズが在庫であったので交換!
なかなかレンズのみって無いですよ~!

仮に部品で出たとしても、金額を考えるだけでも心が折れます。
おそらく片側でうん万円でしょう。
それに工賃が足されると・・・あ~やだやだ。

これだけでも、いかにお得かわかるでしょ!?笑

ヘッドライトを車体から外してレンズをめくります。
ヒートガンで熱をかけながら、細いピックでコーキングを切っていく。
またこれが、随分骨の折れる作業で・・・

a0257092_1725061.jpg


a0257092_1755176.jpg



中の部品を移植して、再びコーキングでフタをします♪
a0257092_1762561.jpg

a0257092_1772846.jpg


当たり前の話ですが、
        めちゃめちゃキレイです!


右側はここまでの作業で2・5時間ほどだったのですが、左側が地獄でした・・・

コーキングボンドがレンズの内側まで廻り込んでいたので
剥がすのに、倍の時間を要しました。。
レンズ外しから、新しいレンズを貼りつける準備までで、5時間半。。。
いやはや。

精も根も尽き果てた所に
           さらなる追い打ちが!


何気なく光軸調整のネジの動作確認をしてみようとネジを回した瞬間、
『ペチッ』って。

樹脂部品の破損。。

a0257092_18503175.jpg


どうやらネジが微妙に曲がって振っていたようで、その歪みに耐えきれずに
樹脂部品が割れたようです。
超強力プラスチック接着剤でモリモリ補強しても、強い部分のしわ寄せが
弱い部分に逃げてしまうので、次から次へと面白いように割れる割れる!笑

私、あきらめました。

でも冒頭にも申しましたように、果たして部品単体で出てくるのか?
出てきたとしても、ナンボしまんねんな!?
やはり、考えただけでも恐ろしいので作ってしまいました♪

まず、接合部分が”自在間接”になっているので、ボールジョイントが必要です。
ネットで使えそうな部品を検索してみると、『ラジコン・フィギュア』に辿り着きました。

なるほどな~!

が、しかし!それをネットで注文→届く→加工する。までの手間と日数を考えると
めんどうだから、そこから作ってしまえ!の答えに辿り着きました。

どっちが面倒やねん!?って思うでしょ!?タイム・イズ・マニー!ですよ。

作ってしまえば今日終わるでしょ♪


a0257092_191376.jpg


まず、エエ感じのボルトをエエ感じに回しながら削ります。

a0257092_1922410.jpg


削って合わせてを数回繰り返し、エエ感じに丸い関節風に仕上げます。

a0257092_1935150.jpg


そうすると、エエ感じの自在間接になります。
間接の大きさ以外の精度は必要ないので、これでOK!

それを、エエサイズに切断、曲げ、ネジ穴加工したフラットバーに溶接すると、

a0257092_19114397.jpg


a0257092_19133666.jpg


ほら!エエ感じに仕上がりました~

ヘッドライトが朽ち果てても、この部品は残るでしょう。
なんせ、ここだけ鉄部品になりましたから。。笑
[PR]
by dms1025 | 2013-02-27 19:26 | フランス車 | Comments(0)

ルーテシア・ルノースポール内装リペア~完成編~

昨日ペイントまで終わらせて、一日寝かせ、組み付けました。

↓作業前↓
a0257092_20174528.jpg


↓完成の図↓
a0257092_2093459.jpg


良いんではないでしょうか!



次回は”デニ男おじさん買っちゃったの!?”
をお送りします。

a0257092_20591031.jpg

[PR]
by dms1025 | 2013-02-21 21:00 | フランス車 | Comments(0)

ルーテシア・ルノースポール 内装リペア

順番が後・先になってしまいましたが、作業の段取り的に、
”マフラーフランジ加工”の前に、内装リペアをしました。

先日、メーターのチェックランプが点灯したので、ディーラーで
テスター診断をしてもらうのに、入庫させてきました。

ランプ点灯の原因は”アクセルペダルセンサーのエラー”
そんな所にもセンサーが付く時代ですよ~
恐るべしCANシステム。。

接触不良で直ったので良かったです。

内装のリペア作業はいつもの”ベタベタ病”のリペア

手に塗料が付着する程の重症ではないのですが、キズが目立つんですよね~
触ったらベタベタもするし・・・

こんな感じで。
                   Before
a0257092_1921397.jpg
a0257092_1922953.jpg


                 
これも、いつもの様に、塗装を剥離して、再塗装。

                         After

a0257092_19481423.jpg

a0257092_19483251.jpg


でも、今回のリペアはいつもと違いますよ!今回は新しい試みを!

『水性塗料』

いつもは油性塗料を使用していたのですが、先日、リペアを専門にやっている
先輩に相談をした所、『油性塗料は時代遅れ』との話を聞き、今回は流行りに
乗って水性塗料でリペアしてみました♪うふ♪

・水性塗料のメリットは、油性の様なきついニオイが無いので、施工後も無臭。
 たしかに、絵の具のようなニオイだったので塗装中もむせる事は無かったです。

・乾燥するまでは、水で溶ける性質なので肌に触れる部分でも、安心。
 そして、熱に強いらしいです!

あとはコッチの都合なんですが、ガン等のメンテナンスが水で可能なんです♪
お客さんにも、コチラにも優しい塗料となってゴザイマス。


勢い付いた私はこんな所や、

a0257092_19415650.jpg

a0257092_19422444.jpg

a0257092_19423764.jpg

a0257092_19425988.jpg



あんな所!

a0257092_19511136.jpg

a0257092_19512851.jpg

a0257092_19514456.jpg



キレイにしちゃいました♪
仕上がりの質感も油性より、
良い気がします!


完成は、あ・し・た♪ 
[PR]
by dms1025 | 2013-02-20 19:59 | フランス車 | Comments(0)

シトロエンC4ピカソ バックカメラ移設

前オーナーさんが、どこのどなたかは存じ上げませんが
C4のスタイルを崩すのがよほど嫌だったのでしょう。。

カメラが奥の方に埋め込まれてどこに付いてるか解らない状態でした。

この車のスタイルを崩したくないのは、よ~く解ります。
ですが、盗撮画像の様に、覗き穴から覗いた位の景色しか見えないようでは
バックモニターの意味を成しません。

ぶつかる10センチ手前ぐらいで障害物がやっと確認できるんですから・・・


これではイカンと、手前に移設したものの、次は
『めっちゃ後ろ見まっせ!!』
な仕上がりになってしまい、それはそれでイカンなと。

a0257092_1727373.jpg


と言う事で、バックカメラ・バージョン2になりました。

まずは内装パネルを取り外し、

a0257092_17304935.jpg


次にカメラが固定されているパネルを外します。

a0257092_17323932.jpg


これが噂の”盗撮風覗き穴”です!笑


その盗撮穴を利用し、カメラサイズ大の穴に変えてしまいましょう。

a0257092_17364519.jpg

a0257092_1737058.jpg


そこにカメラを埋め込んでしまえば、

a0257092_17381487.jpg


いいんじゃない!?

※カメラの前面部分が汚いのは、盗撮カメラバージョン時に、アロンアルファ的な
 物で貼りつけられていた為、ガサガサになってしまってます。。


a0257092_1745895.jpg


a0257092_17454111.jpg



半分埋まってしまったので、カメラ本体の自己主張もなく、
良いんではないでしょうか!?
[PR]
by dms1025 | 2013-02-07 17:54 | フランス車 | Comments(0)
検索
カテゴリ
最新の記事
エンドレスな掃除③
at 2017-09-10 20:27
エンドレスな掃除②
at 2017-09-08 20:57
エンドレスお掃除
at 2017-09-04 19:52
艶力 ~エレメント~
at 2017-08-25 20:02
夏のアレコレ
at 2017-08-21 20:23
以前の記事
記事ランキング
フォロー中のブログ
ライフログ
メモ帳
ファン
外部リンク
最新のコメント
ブログジャンル
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
その他のジャンル
ブログパーツ
画像一覧