P-S Days


プラスパーの『P』こと服部のブログ。お暇つぶしにいかがでしょう? ホームページはこちら http://prosper-car.com
by dms1025
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:フランス車( 62 )

ルノーカングー 内装掃除

昨日の外装磨きに引き続き、今日は室内の掃除!

内装はベタベタにならない素材を使用されているので掃除のみで仕上がり
ました!これはありがたい!!

フロアーもビニールフロアーになってるので掃除しやすいです。
って事で、比較的、掃除は楽ですね♪

床は目地のスキマに砂が入り込んでたりするので、エアブロー、掃除機の後に、
洗剤と水掃除でリフレッシュ!
一般の方が掃除風景を見ると、引くぐらい水浸しの状態で掃除します。
ちゃんと考えてしないと、後でえらいことになります。
*闇雲に水浸しにする行為はキケンです!
仕上げはシリコン噴射機でコーティング仕上げ!
時間が経つと程よくツヤが引いてくれるので、イヤらしい感じはゴザーせん。
(アー○ーオールとは違います)
これでフロアーもピカピカ♪
a0257092_1982515.jpg

a0257092_19185066.jpg


次はシートの薄シミ取り。
これは写真では写らないから伝わりにくいんですケド、実際は目視で”シミ”
確認できるレベルです。
a0257092_19245677.jpg

a0257092_19241992.jpg

a0257092_19252551.jpg

助手席と、リアシートにまんべんなくございます。

これはシートを剥がして洗濯機でグルグルしてやるのが一番キレイになるんです
けど、これぐらいならそこまでしなくても落ちるかな?

これも水溶き洗剤でザブザブ♪

*ここは特に注意しないと、シートに着座センサーが入っている
車種だとセンサーが水没、ご臨終してしまいます!

a0257092_19342465.jpg

運転席をビシャビシャにしてしまうと、動かせなくなってしまうので
動かさなくて良い日にまた、あらためて。
こうして比べると助手席のビシャビシャ具合がよく解るでしょ?
a0257092_19344445.jpg

a0257092_1935536.jpg

タオルで吸水してやってエアブローして、終了。
乾燥には丸1日ぐらいは掛かるので、どこまでキレイになってるかの答えが
わかるのは明日!!

こればっかりは乾かないとわかりません。笑

楽しみやな~♪ドキドキ。
[PR]
by dms1025 | 2014-03-24 19:49 | フランス車 | Comments(0)

新在庫車紹介 ルノー・カングー

新在庫車紹介第4弾

ルノー・カングーです。

a0257092_1935356.jpg

これもね~キレイなんです!

カングーは車種的に、ガンガン使われるからでしょうか、内外装共にダメージあり
な個体をよく見かけます。

まあ、本来カングーってそうやって使われるのを想定して作られてるクルマ
ですし、細かいことは気にせず、さりげなく乗ってる方が”らしい”かも知れません

でも買うときはもちろんキレイな方がイイですもんね!

イイ感じの”ヤレ”を作っていくのは次のオーナーさんにお任せするとして、

磨き仕上げで一回リセットしておきましょう♪


a0257092_19165943.jpg


カラーは人気のレモンイエローですが、クリア剥げはナッシング!!

年数と共に、日の良く当たる、天井、ボンネットにクリア剥げが来るのはお決まり
なんですが、ウチのはありません!!

バンパー、ドアモールなんかの樹脂パーツも年々白~く、色ボケしてくる宿命
にありますが、ぜんぜん許容範囲内です。

a0257092_19185869.jpg


チャーミングなエクボが2箇所ほどと、小学生のヒザのようなスリ傷が
フロント左のフォグ下にある程度で、全体的にキレイ♪

大きい部分はポリッシャーでの機械仕上げですが、細かい部分の
スリ傷は今日1日掛けて手磨きで消しました!

お陰で僕の指の指紋が薄くなりました。。。

数日は完全犯罪可能な体です。


またまた、こんな部分のワックス掛け。笑
a0257092_19295889.jpg

a0257092_1931741.jpg

a0257092_19312340.jpg

a0257092_19342635.jpg

a0257092_19353429.jpg


外せるものは外して、見えない部分もワックス掛け。自己満足。笑
次に買ってくれた方が喜んでくれれば、自己満足では無くなるんですけど、
その日が来るまでは自己満足。


エンジンルームの掃除中にもいろいろと見てみたのですが、なんやら
かんやらと、部品が交換されています。

カングーはクーラントのエア抜きバルブがヒーターホースの部分に付いて
いるんですが、このバルブ部分が割れると、そこのホース丸ごと交換になる
ようです。

a0257092_19413470.jpg

以前に割れたんでしょうね、新品に変わってます♪
a0257092_1948112.jpg

付近のホースと、サーモスタットもキレイなんで、同時に交換されたんでしょう。
これはありがたい!!
いざ交換となると、万単位の出費が予想されますが、作業済み!!

それと、確証はないんですけど、クーラーのホースとエキパン
(エキスパンションバルブ)
も変わってる気がします。
年式で判断をすると、ここまでキレイな色では無いと思うんですよね。
ほぼ間違いはないとは思うんですけど・・・たぶん変わってます
a0257092_19561327.jpg

これも変わっているとしたら、数万円分の作業がされていますね♪

それと、ダイナモも色がキレイな気がするんですけど・・・
どうなんだろうか??

ここまでは入庫前にされていた作業。

入庫後に交換したところは、ATオイル、エンジンマウント(振れ止め)の交換。

車検も受けたところなので丸2年付き!

a0257092_20125792.jpg


どうです?なかなかの物でしょ?

内装はこれからチョコチョコ手を入れていきます♪

気になった方は早くしないと、どんどんキレイになってしまいますよ!!笑

現在車体価格¥43万円ナリ
[PR]
by dms1025 | 2014-03-23 20:21 | フランス車 | Comments(0)

プジョー308SW いろいろ部品交換

先日から、ブログに写真がアップできない状態が続いていましたが、
原因も解らないまま、再起動で解消。。

何だったんだ??

原因がわからないことには再発防止の対策も何もできない・・・

次回も再起動で直るのか??


まあ、とにかく情報は発信できそうなので、書いてみます。

今回の作業は在庫308SWのいろ~んな部品交換の巻。

a0257092_17184585.jpg


この308SWのエンジンは、巷でよく見かける”NEWミニ”と同じエンジン
積んでいます。
国もメーカーも違うのに不思議でしょ?

正体はプジョー・シトロエン(PSA)と、BMWが共同開発したエンジンです。
ところがドッコイ、PSAがGMと資本提携をしたことをBMWサイドが
お気に召さなかったらしく、PSAとの関係は破談に。

なので、このエンジンのみでミニとの共有は終わってしまうかも?
政治的なニオイがプンプンしますね。笑

このエンジンの優れているところは、小排気量ターボエンジンで燃費と
走りを見事に両立されたところです。
1600CCなのに本当にグイグイ走りますからね♪

それと、もう一つ優れているところは・・・

タイミングチェーンなんです!


なんか嬉しいでしょ?

タイミングベルトの場合でも、プジョーのタイベル交換推奨時期は年数5年、
6万キロとなってるので、ベルトだったとしても所有している間に1回か、2回の
交換で済むんですけど、チェーンになってくれてると、な~んか嬉しいですね。笑

でも、そのタイミングチェーンがですね・・・

うちの308、エンジンを掛けるとたまに、な~んかガラガラと音が出てたんです。
で、調べた結果、そのカラガラ音の原因が、タイミングチェーンのテンショナー不良。

厳密に言えば、チェーンの張りを油圧で自動調整するスライダーのテンショナー
の不良でした。

a0257092_19322935.jpg


a0257092_19325880.jpg


要は、あの小さい部品が押し切らずで、チェーンが遊び、音が出るという現象が
起きていたみたいです。

新たに交換した部品は対策品のようなので、もう安心でしょう!

そして、ウォーターポンプの交換!

このウォーターポンプも変わった構造でしてね、まずは写真をドーゾ。

a0257092_1937156.jpg


一般的な構造はタイベルないし、ファンベルトでポンプは常時回転して
いるのですが、このエンジンの構造では、冷えている間はポンプは回り
ません。

一定の温度に達すると、写真真ん中のコマがスルスルと動き、クランクプーリーと
ウォーターポンプの間に入り、二つをシンクロさせるのです。
変わってるでしょ?

そんな画期的な構造にしても、クーラントが漏れてしまってはいけません。。

なので、ウォーターポンプも新品に交換♪

残念ながら、写真は撮れてません。。

ですが、交換部品は、まだまだ続きます!

次は水温センサー部分のオーリング交換。

a0257092_202054.jpg


ここもじんわりと、クーラントが滲んでいたのをMrワーゲンは見逃しません!!

そして、ターボのタービンに接続されているホース
からもオイル滲みを発見!
※ホースが奥に伸びているので写真ではなんだか解りません。。

a0257092_205328.jpg


ここも新品に交換♪

さらには、前後ブレーキパッド・フロントブレーキローターまでも!

さらにさらに、エンジンオイル・オイルエレメント!!!!!


もう書くのが疲れるぐらい沢山交換しました♪

なので、車両代金を現在の143万円から

150万円に改定させてください。

部品代でも原価割れしてますが・・・・・

だれかが喜んでくれることを信じて!!!





オマケ画像はタージンに接続されたオイルホース・・・

a0257092_20215379.jpg


しょうもな。笑
[PR]
by dms1025 | 2014-03-09 20:24 | フランス車 | Comments(4)

プジョー308SW

以前に書いていた17インチホイールですが、タイヤをはめ変えて

フィッティング完成!

a0257092_18271463.jpg


タイヤサイズが適正サイズになるとやっぱりイメージが変わりました!

ダークカラーで足元がちょっと引き締まったイメージに変わりました♪
もうちょいと欲を出せば、若干ローダウンしたいですね~


ツラの具合もスペーサーで調整してオモテに出してます!

a0257092_18315469.jpg



a0257092_18582875.jpg

a0257092_1911219.jpg


アナタはどちらがお好みでしょーか!?
[PR]
by dms1025 | 2014-02-10 19:28 | フランス車 | Comments(0)

祝!メガーヌRS完成!

a0257092_18194064.jpg


クラッチ交換・タイベル交換の作業が終わり、乗れる状態に戻りました!!

やっとこさ、念願の全開踏みが出来ます♪♪

2リッター直4DOHC16バルブ・ツインスクロールターボ/最高出力224psの
実力はいかに!!!


結果・・・やはり強烈でした!

最近の主流の低回転からブーストのかかる”ツインスクロールターボ”のお陰で
2500rpmあたりから、一気に5000rpmまでググググっと
猛烈に加速しだします。

街中でゆ~っくり流している時でも、踏み込んでやればすぐさま反応してくれる、
スーパーチャージャーのようなターボエンジン。

この加速感は、以前に在庫していたメガーヌのRS

↓↓コレ↓↓
a0257092_1922898.jpg


よりも強烈かも知れません。

しかし、これはメガーヌのRSがほど、電子デバイスでハイテク制御を
されていないからだと思います。

メガーヌ3のRSはノーマル・スポーツ・エクストリームの3つのモードに切り替えが
できましたが、このメガーヌ2RSはESP/ASRを解除する、しないの2択です。
そういった理由で、メガーヌ3よりも、ノーマル時から強制スポーツモードの
”やる気満々マシン”になっているんだと思います。

そんな常にやる気まんまんマシンですが、加速と共にハンドルを持つ手に汗が
にじむ恐怖を覚えるような、じゃじゃ馬な訳じゃあーござーせん!

そこは拍子抜けするほど、至って快適!
スポール特製の”しっかり動いてくれる足回り”と程よい堅さでホールド感のある
高級レザーシートで(シートヒーター付き)で”大人スポーツカー”が体感できます。

アクセルをガバっと踏み込んでもトルクステアでハンドルを取られる事もナシ!

それは、このDASSの足回りのお陰ダス!!
a0257092_19455323.png


普通、ストラットはストラットサスを軸にタイヤを左右に切りますが、このDASSこと
ダブルアクシス・ストラットシステムと言うのは、上の画像の赤マルの部分を軸に
左右に稼動します。

あの赤マルの部分がホイールのちょうどエエ位置に行くようになってます。
そのちょうどエエ位置に行くことによって、トルクステアを減少させている様です。
※もっとしっかり説明してや!って思うかも知れませんが、上の図を見て
  想像を広げてください。解った瞬間にめっちゃ納得できます。笑



その恩恵は素晴らしいものです!さすがルノースポール!!

でもそのDASSのお陰で純正ホイールオフセットも+68なんて聞いた事の無い
数値になってるんです。笑 ビックリしました。

そんなオフセットのホイールなんて、まずないでしょ??
なので、ホイールを履き替えるのに難儀します。笑

でも、今履いているホイールが4枚、まんべんなくガリキズも入っているので
何かに履き替え出来ないか、画策中!!


どうです?
  乗ってみたいでしょ?
   体感したいでしょ?



その方法は3つ!

1つ! 思い切って買う!

2つ! 修理の代車で乗る!

3つ! 乗せてー!って店に遊びにくる!



以上の3つ!




個人的にはそりゃ~1番目がねぇ~~。。。。笑
[PR]
by dms1025 | 2014-01-27 21:08 | フランス車 | Comments(0)

プジョー308SWに17インチ装着!(仮)

先日の打ち明けた308SWのお悩みですが・・・

悩んでいても”アレ”なもんで”アレ”
してみました。

読んで下さっている方は、ほぼ関西圏なんで”アレ”ですべて通じるでしょ?笑

たとえ”アレ”が”ナニ”に変わったとしても!笑

a0257092_19281269.jpg


↑↑↑16インチの純正から、17インチに履き替えてみましたの図↑↑↑

今現在、17インチに付いているタイヤが40扁平なので純正16インチよりも
2廻りぐらい小径タイヤになっているのと、オフセットの都合上、ホイールが
奥に引っ込んでいるんで非常~にブサイクになっておりますが、今回は
実際の装着イメージとオフセットなんかのバランスを見るのが本題な訳です。

仮付けして、またスペーサーを足してを数回繰り返し、このホイールとクルマの
バランスが良く見えるであろうポジションを探します。
ホイールによってはツラより内側でもキレイに見えるものもありますが、
実験の結果、このホイールはツラがカッコ良く見えそうです。

17インチ7Jの、オフセット+42のホイールに
PCD108⇒PCD100に変換するピッチチェンジャーの厚みが20ミリ
そして、15ミリのスペーサー+3ミリスペーサー。

フロントはフェンダーの形状とタイヤを適正サイズに履きかえる事を考慮すると
ここらがベスト。

リアはフロントと同じセット+5ミリ。

a0257092_19404447.jpg


ね?タイヤは見ないとして、上の写真より雰囲気良く見えるでしょ?

タイヤを履き替えるともっとイイ雰囲気に変わると思います!

データ取りも出来たし、これはめでたい!

a0257092_19583761.jpg


昨日15日は鏡開きの日で、ウチの店の”お鏡”も開きました。
ペロンと開くと、中からツルンと国籍不明なおじさんが出てきました。

いやいや、本当にめでたいんですよ、
     デニ男パパ!笑



次回の308登場時にはホイール装着完成図を披露できると思います。

それまで、しばし待たれよ!!

a0257092_20175950.jpg



でも、よく考えたら~308って7Jのオフセット0とかのホイールが履けるって事?

うっそ~~?? 見かけによらず懐が広いのね。
[PR]
by dms1025 | 2014-01-16 20:22 | フランス車 | Comments(0)

メガーヌRS クラッチの続き

a0257092_18202196.jpg



・・・・・

もはや何のクルマか解らないでしょ???

クラッチ交換と同時にタイベルも換えるから、いっそ全部降ろしたほうが
効率を考えると早いんじゃない?ってなったんですよね。

でも構造を見ると、ミッション単体で降ろすのって・・・無理なんじゃないか?

狭い空間でミッションを持ち上げるのなんて朝メシ前じゃい!!なんて
腕力に自信があり、大人用”知恵の輪”の最高レベルを攻略できる人なら
メンバーのスキマを縫ってミッションだけを降ろせるかも知れませんけどね。

なので、実質は不可能に近いと思います。
結果、クラッチ交換のみでも”全降ろし”に近い作業になっていたでしょう。

整備士の苦労は直接ユーザーさんには関係ないのですが、ユーザーさんにも
関係がありそうな難儀な部分がメガーヌにはございます。

その難儀なところはヘッドライトのバルブを交換するのがちょいと面倒
なんです。

もちろんそれに伴い、ウインカー・スモール球も同様です。

手間の掛かりようを外人さんがいかにも海外らしく表現してくれます。


球に対してストレートにアクセスができないんです。
インナーフェンダーから手探りで・・・OH!ガッテム!!

そうならないように後を考えて・・・Mrワーゲン氏、やってくれました!

先手を打って一番手の届きにくいスモールのバルブ交換!

しかもLEDに!

a0257092_18325753.jpg


LEDは球切れしない説は迷信だとしても、少なからずフィラメント球よりは
長持ちしてくれるでしょう。

そんな先読みの出来る、休日はイタリア人のようなファッションのMrワーゲン氏が
降ろしたエンジン。

a0257092_19414254.jpg


早速問題のクラッチをバラすと・・・

a0257092_19494020.jpg


ズルンズルンのペランペラン。。リベットまで削れてます。

a0257092_19495436.jpg


新品と比べると半分以下の厚みまで。

a0257092_19512726.jpg


いままでご苦労様でした。

一方、クラッチカバーはと言うと・・

a0257092_19523980.jpg


なんじゃこのスプリングプレート???
いくら”Franceメイド”とて、そんなにアーティスティックな形にせんでも。。

フライホイールに関してはもうひとつ謎な造りです。。。

a0257092_19542820.jpg


二重構造・・・

これで前記のブログでの謎が解けました。
フライホイールが二重でダンパーになっているから、クラッチディスクが
ダンパースプリングなしのリジットな訳ね!!

納得!!

が、しかし、新たな疑問が浮上・・・

届いた新品のクラッチカバーと、
  いままで付いていた物と
     まったく形が違うやん!!!

[PR]
by dms1025 | 2014-01-16 18:21 | フランス車 | Comments(0)

メガーヌRSクラッチ交換と、308SWのお悩み。

念願のメガーヌRSのクラッチ交換開始!

新品の部品をこうしてキレイに並べるとね・・・

たまらんのです!

ニヤニヤできます。笑

a0257092_18375588.jpg


クラッチを交換と同時にタイベル一式も交換!

a0257092_1839471.jpg


ベルト・テンショナー・アイドラーセットは箱の中でこんなパック詰めに。

なんかこういう”パック詰め”ってテンション上がりません?
男だけなんでしょうけど。笑


ウォーターポンプもなんてキレイなんでしょう。
このマテリアル感!

a0257092_18472035.jpg


クラッチのプレッシャープレートも美しい!

a0257092_18475410.jpg

a0257092_1848998.jpg

表面保護用のオイルが塗布されているんですけど、これがまた独特な香りで。
ちょっとゲ○みたいな(失礼)世間的には悪臭とされる香りがするのですが、
私の脳には”新品の香り”としてインプットされているんで、良いかほりです。

クラッチディスク!
a0257092_1854025.jpg


スポールになるとダンパースプリング無しなのか?
224馬力をダイレクトに伝達するのには不要だったのか?

クラッチ3点セットの最後は、レリーズベアリング!

a0257092_19142576.jpg


ん?ん??ん???

なんじゃこれ???


このブログを読んでくれているアナタは間違いなく”車好きの変態”
だと確信しているので説明は省きますが、このクルマ・・・

クラッチのレリーズアームが無いんです!

ベアリングの下に油圧シリンダーが居て、ベアリングごとオイルで伸び縮みさせて
アームの役割を兼ねているんです。

なんとも合理的な。以前の在庫車の”FIATのムーさん”も同じシステムでした。

イタリア・フランスではこのシステムがブームなのか?

斬新で合理的!C'est merveilleux!!(仏語で”素晴らしい”の意)

仕上がりが楽しみです!アクセル全開で踏み込むと・・・ドキドキ!笑



で、もう一つのお題の
『お悩みコーナー』なんですが、


ウチの在庫君、308SWに17インチぐらいのアルミを履かせみてようかと
考えてます。
308SWは巷で走っている台数も多くないし、ましてや社外アルミを
履かせている車体は見たことがありません。

なので社外アルミを履かせてみたら面白いんじゃないかと。

今の純正16インチの状態はコレで、
a0257092_19424439.jpg


で、こっちが在庫で持ってるRAYSのベルサス・ドルチェ 17インチを
履かせたら・・・のイメージ図

a0257092_19471257.jpg


なかなか個性的でイイんじゃない?って思うんですけど、どう思います??
[PR]
by dms1025 | 2014-01-10 20:05 | フランス車 | Comments(0)

明けましておめでとうございます。と、プジョー307

a0257092_18332069.jpg


本年もよろしくお願いいたします。

うま年なので馬を入れてみました。しかも雑に・・・笑

跳ね馬もこんな雑な扱いを受けたのは初めてでしょう。




ここ近年、年末は自宅で赤と白に分かれてお歌を歌う番組を観て過ごしますが
なんでしょうね?あの茶番といいますか、エグイほど視聴者にも年功序列制度
の形を見せ付ける番組。

大御所がアイドルを後ろにはべらせてお歌を歌う感じ。。
もはやラウンジ状態に陥っていますよね。

N○Kホールの映像なのか北新地の映像なのか視聴者は迷ってしまいます。

感じ方は人それぞれだと思うのですが、個人的な感想としましては、
あれはコラボでもなんでもなく、接待中の”嬢”とお客です。
観ていて凄い違和感を覚えます。

数字も大切でしょうけど、モノの”本質”を見失っている気がしてなりません。
時代に合わせて変化をすることも大切ですが、
変えない美学も必要ではないでしょうか??


年始の初ボヤキは良いとして・・・

私の描いていた青地図では年末に大金持ちになり、年明けに『引退します』
のブログを書いている予定だったんですが。。。

人生は思い通りにいかないもんですな!!



2014初出勤の今日は、年末に出来なかったお掃除からスタート!

私の聖域のお片づけ!

a0257092_190984.jpg


キレイになったのかなんだかわからないでしょうけど、配置換えもできて
本人は大満足です。

このグッズ達で今年も品質・効率の向上に努めて参る所存にございます。


そして、気になっていた在庫車、プジョー307のゴロゴロの異音。
ハブベアリングのどこかが不良で、走ると室内に”グワングワン”と、
なかなかにド派手な音を轟かせてていたベアリングですが、右後ろだと判明。

a0257092_19134824.jpg


外されたベアリングを手で回すと”ゴロゴロ”と、紅白に負けず劣らずの
すんごい違和感。ド派手な音が出るのも納得。

車体と比べると、小さな部品ですが、働きは大きいんですね!

a0257092_19171297.jpg


残念ですが、今回も作業途中の写真はありません!

だって、出勤すると直ってましたから。笑


年末ギリギリにデニ男おじさんが交換してくれたのかな?


おじさんありがとう!!
[PR]
by dms1025 | 2014-01-04 19:48 | フランス車 | Comments(0)

メガーヌRS 手直し

常に忙しい工場長”Mrワーゲン氏”の手が空かずまだクラッチ交換作業が
出来ていないメガーヌRSです。

ワーゲン氏が暇なところを見たことがありません。笑

毎日寒い工場で黙々と作業をしているのですが、ここ最近の冷え込みが
祟ってか、愛息子の胃腸風邪をもらい、

ワーゲン氏本日はダウン!

なので、先に室内の手直し、細かい部分のお掃除を♪

いつものように”欧州車あるある”の作業から。

ドアハンドルの塗装のめくれ。

a0257092_19322334.jpg


またこれが変テコリンな造りでしてね、ドアパネルをばらすのに
悩みました。。

a0257092_1948960.jpg


こんなバラけ方あり???

で、プチ苦労してバラしたドアハンドルですが、触って確認すると”取れやすい方”
の塗装だと解ったので、人畜無害なECO溶剤、『お湯』で剥離しました。

お湯です、O・Y・U。

お湯作戦は塗料を温める効果と、脂分を取っ払う効果があるので一石二鳥♪

温められて脂分を奪われたゴム塗料はペロペロと簡単に剥がれてくれます。
それはまるで下地処理をされていない塗装を剥がすかのように。

生産ラインではちゃんとプライマー処理はされているのでしょうけど、
プライマーが弱くないかい???
休憩時間のワインとか飲んじゃって忘れたりしてないかい???

って疑いたくもなります。笑

まあ、それは無いとして、実際ところは、人体に悪影響を与えない、それこそ
人畜無害な溶剤にどんどんシフトしていってるんだと思います。
水性塗料が主流になってきてますから、そこで模索中なんでしょう。


        で!


またまた作業途中の写真はナシで!はい完成!!笑

a0257092_19463466.jpg



だって~
お湯で手がべっちゃべちゃになってたし~~

[PR]
by dms1025 | 2013-12-20 19:56 | フランス車 | Comments(0)
検索
カテゴリ
最新の記事
トゥーラン弄り②
at 2017-07-16 20:53
トゥーラン
at 2017-07-14 20:24
ホンダ エレメント
at 2017-07-03 21:40
Gチェロキー HEMI
at 2017-06-22 20:48
グランド チェロキー HEM..
at 2017-06-02 20:01
以前の記事
記事ランキング
フォロー中のブログ
ライフログ
メモ帳
ファン
外部リンク
最新のコメント
ブログジャンル
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
その他のジャンル
ブログパーツ
画像一覧