P-S Days


プラスパーの『P』こと服部のブログ。お暇つぶしにいかがでしょう? ホームページはこちら http://prosper-car.com
by dms1025
プロフィールを見る
画像一覧

シボレーK1500 ~前編~

ガソリン価格の下落バンザイ!!!

a0257092_18302493.jpg


原油価格の急落で『アメリカと中東のエネルギー価格戦争に突入』などと言われていますが、
難しい事は国を動かす人たちにお任せして・・・

とにかく我々一般庶民にはガソリンが安くなるという目に”見えた効果”があるのは
ヒジョーにありがたい!!!

大排気量に乗るなら今のうちだ!!


100リッター入れても1万円の時代です(笑)

5400CCのクルマを毎日の通勤に使っている僕には本当にありがたい!!



と言うことで、近日中にFOR SALE CARとなるこのK1500。
去年からウチにはあったんですけどね。

デニ男おじさんがサーフィンに行く用に買ってきた代物。
いいヤレ具合にグッと来たらしい。

外装はお世辞にもキレイとは言えない常態(笑)

写真ではキレイに映りすぎていますが・・・

a0257092_18543188.jpg


赤マルの部分なんか、ベコっと凹んでます(笑)
※撮った場所が違うので上の写真と色合いが違います
a0257092_1855555.jpg


右前なんかも

a0257092_18582561.jpg

なんか波波してるでしょ?(笑)
a0257092_18591294.jpg



右横のモール付近なんかも
a0257092_1923773.jpg


昆虫や小動物が住んでいそうなカワイイ穴が。(穴はボディーではなくモールのパネルです)
a0257092_193576.jpg


塗装は全体的にピキピキしてます。

a0257092_18414242.jpg

a0257092_18415698.jpg


予想するに、純正塗料の上にラッカー系の塗料でペイントをした結果なんではないかと。

最近は板金屋さんが使う塗料も”ウレタン塗料”がほとんどだと思いますが、ちょっと前
までは”ラッカー系”を使っていたショップも多々ありました。

ラッカーは溶剤の中でも一番攻撃力があるので、純正塗料に勝ってしまい、時間が経つと
ピキピキになってくることがあります。

たぶんその類じゃないかな?と。

でも、このピキピキは遠目からみたら気づきません!!(笑)

ピキピキが気になるな~って方は
  買ってはいけません!!!


WAXを塗りこむとか、市販のガラスコーティング剤を塗ってやれば多少、粗隠しに
なるかもしれませんが、根本的に塗りなおしをしないと直りません!

個人的にはこのまんまで乗って頂きたい!

K1500パティナルックで。

PATINA (英) 
①(銅・青銅器などの)古さび、緑青(ろくしよう)
②(家具などの時代がかった)古つや、古色、古趣


a0257092_1905327.jpg


見た目はこんなでもコンディションはバッチリだぜ!的な。

こんな見た目とは裏腹に、走り出した瞬間から『あ、しっかりしてる!』と感じるコンディション。
複数台アメ車を乗り継いできた私もオススメできます。

まず・・・足回りがギシギシガチャガチャしない!!

これ結構重要なポイントですよね。

路面ギャップもトンっトンって感じでしっかり吸収しながら超えていきます。
そしてハンドルもフラフラすることナシ!

国産車や、欧州車に乗られている方からすれば”当たり前”の事なんですが、
アメ車はそうも行かないんです(笑)

まず、正規輸入されている車両が少ないんですから。
それはどういう事かというと・・・

アメリカで新車販売され、現地で数年走った中古車を日本に輸入する、『中古並行輸入車』
いわゆる、中古並行車というのがアメ車には数多く存在しています。
(僕の乗っているのも中古並行車です 笑)

それに対し、新車の状態でそのまま輸出されたのが『新車並行輸入車』
いわゆる新車並行車となります。

その
どちらに当てはまるのかは・・・(ここからちょっと真面目な話)

新並・中並は車検証と車体のシリアルナンバーを照らし合わせれば判断できます。
車検証の初年度登録がシリアルナンバーの製造された年と合っていればたぶん、
新車並行車と判断しても大丈夫です。

中古並行車の場合は車検証の初年度と、シリアルナンバーを見て、何年遅れて日本へ
入ってきたのかを見ます。

アメリカの年間平均走行距離が3万キロと言われているので、3年落ちで日本に
輸出されたとすれば、3万キロ×3年の9万キロ走った車両だという事になりますよね。
もちろん、それはあくまでも平均数値なので、全てが当てはまる訳ではありませんが。

でも、僕は中古並行車の場合

確実に10万キロは走っている車だ!
と認識するようにしています(笑)


それぐらいのハードルを自分の前に置いても”欲しい”って思えたならOK!
だって、欲しいと思った個体が中古並行だったら仕方ないじゃないですか(笑)

アメ車自体は超タフな造りなんで、30万キロ、40万キロでもしっかりメンテしてやれば
まだまだ乗れます。

そこまで乗らずに飽きるのが先なんじゃないかと思います(笑)

それぐらいタフです。

だから、中古並行車でもしっかりメンテナンス出来るショップがあれば心配無用!
部品の流通が多い車種なら、なお更心配無用!!

さて
新車並行・中古並行の違いはなんとなく分かって頂けたと思いますが・・・

ウチのK1500は・・・

a0257092_2053638.jpg


新並なのか中並なのか・・・


a0257092_2065539.jpg


答えは日曜日に!(笑)
[PR]
by dms1025 | 2016-03-04 20:09 | アメ車 | Comments(0)
検索
カテゴリ
最新の記事
トゥーラン弄り②
at 2017-07-16 20:53
トゥーラン
at 2017-07-14 20:24
ホンダ エレメント
at 2017-07-03 21:40
Gチェロキー HEMI
at 2017-06-22 20:48
グランド チェロキー HEM..
at 2017-06-02 20:01
以前の記事
記事ランキング
フォロー中のブログ
ライフログ
メモ帳
ファン
外部リンク
最新のコメント
ブログジャンル
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
その他のジャンル
ブログパーツ
画像一覧