P-S Days


プラスパーの『P』こと服部のブログ。お暇つぶしにいかがでしょう? ホームページはこちら http://prosper-car.com
by dms1025
プロフィールを見る
画像一覧

またまたアバルト500! ~内装編~

連日アバルトのことをUPしていますが、今回の内装編で、しばし休息。
その理由は、『現在板金塗装中の為』です。
板金塗装が終わると、もう少しはっきりと全体のイメージが見えてくると思います♪
仕上がりしだい、続編をUPします!

さて、今回は内装編です。
エアバックがパカ~っと開いていたのは初回でお伝えしましたが、

a0257092_1555120.jpg


果たして、アバスパーコルサに・・・
  エアバックって必要なの??


1度エアバックが開くと、コンピューターを含むすべてのエアバックシステムの
入れ替えが必要になります。
総入れ替えをすると、めちゃくちゃ安く見積もっても60万円はするでしょう。

これがノーマルなアバルトならエアバックは、あるに越した事はない思いますが、
テーマを ”アセット・コルサのように” と少々尖がったテーマにしてしまうと、
エアバックはナシで。 の方向になりますよね。

150万円(予定価格)位で楽しめる
”人とは違うアバルトを” となるとエアバック修理に60万円掛けるのじゃなく、
違う部分をアップグレードするでしょ!?

この価格帯でアバルトに乗れること自体が奇跡的な事なんですが、
アバスパーコルセはその奇跡を越える”ネ申”的な1台になることは
間違いないでしょう!

そのテーマに沿っていくと、ハンドルは、いっそのことアフターマーケットの
レーシーなステアリングに交換してしまうのか??とも思うのですが、

ノーマルハンドルにオーディオコントローラーが付いているので、それを残す為に
センター部分だけ加工してしまうか??悩んでます。

どう思いますか??

※画像は、サイズ的に合うんじゃないか?と、アバルトホイールの
センターキャップを真ん中にあてがってみると・・・ぴったりサイズ!
これも面白いんじゃないか??

a0257092_1641068.jpg


ハンドル問題は後々に考えるとして、助手席側のエアバック部分の処理。

助手席はダッシュボード表面のカバーを突き破ってエアバックが開くので、
基本的にはダッシュごと交換しないとキレイな処理ができません。

エアバックが開いた痕跡を隠す気なんて、さらさら、毛頭もない当店は
”ダッシュに開いた穴”の 部分を逆手に取り、

『中を作りこんで小物入れにするか?』

『いやいや、エアバックのカバーをフタにして開け閉めできる方が』 なんて

超ポジティブシンキングな意見交換の結果、デニ男おじさん発案の生地を貼る
という答えが採用され、”アルカンタラ貼り” に着地する事と相成りました。(笑)

あれ?エクセーヌやったかな?

まあ、どっちにしても、違いは ”メーカー名” ぐらいでほぼ同じ素材です。
a0257092_16435525.jpg

なぜかこの部分だけトリブートフェラーリトリブートマセラティを凌ぐ高級感(笑)
a0257092_16461969.jpg

a0257092_16464426.jpg

a0257092_16474851.jpg

a0257092_16482320.jpg

a0257092_1649090.jpg


デニ男おじさんが貼る係り、ワタクシが生地を引っ張る係り。
二人掛かりの力作です。(笑)

注)
一応、剥がすと元に戻せるように、貼り付けは生地専用のテープで貼り付け。
a0257092_16595487.jpg

なので、メーター廻りのアールのきつい部分が少々浮いてくるのはご愛嬌(笑)
[PR]
by dms1025 | 2014-05-28 18:00 | イタリア車 | Comments(0)
検索
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
お気に入りブログ
ライフログ
メモ帳
ファン
外部リンク
最新のコメント
ブログジャンル
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
人気ジャンル
ブログパーツ
画像一覧