P-S Days


プラスパーの『P』こと服部のブログ。お暇つぶしにいかがでしょう? ホームページはこちら http://prosper-car.com
by dms1025
プロフィールを見る
画像一覧

プジョー407SW ~品質向上作業①~

今回の作業も本当に地味です。

プジョー407SWのホイールをキレイにしてみました。

全体がキレイなのでホイールの汚れが目立っていたのが気になってて・・・

センターキャップのライオンの隙間に溜まったブレーキダストや、ボルト穴の
ダスト、スポークにこびりついたダスト、ガリ傷等々・・・

出来る範囲でキレイにしてみました。

a0257092_19223614.jpg


a0257092_19274639.jpg


a0257092_19282089.jpg


a0257092_19283892.jpg


キズの深さがまだ浅い個所はキズをペーパーで擦って平らにして・・・
塗装が剥げるギリギリライン(笑)

a0257092_192907.jpg


ポリッシャーで磨き込んだら目立たなくなりました♪

a0257092_19291383.jpg


作業の途中で雨が降り出したので片側だけで終了。。

続きは後日♪
[PR]
# by dms1025 | 2017-11-29 19:40 | フランス車 | Comments(0)

TのX-Y

注文を頂いてオークションで落札してきたトヨタ・ヴォクシー。

日本車は世界的にも人気が高く、海外のバイヤーが日本まで買い付けに来ています。
オークション会場にはターバンを巻いた国の人を始め、ロシア・オーストラリア・
中国・韓国・タイ・インドネシアなどなど国際色豊かです。

そろそろセリが始まりますよ~の場内アナウンスも日本語/英語/何かわからん語の
3~4ヶ国語でアナウンスが流れます。

空港か!!(笑)

このクルマの下見をしている時にも外人さんと一緒になり、どこの国の人か聞いてみたら、
ウイグル自治区ですと。・・・聞いたことあるけど、世界地図でどこか指してみー
って言われても無理です(笑)
※ウイグル自治区参考画像※
a0257092_19514661.png


理解してなさそうな私に対して、中国の隣と教えてくれました(笑)

国によっては右ハンドル車は違法になるので、左ハンドルじゃなくてもOKなん?
と尋ねると、ウイグルからまた別の国に輸出するらしいです。

日本まで買い付けに来ているバイヤーさんなんで、敏腕なんでしょう。
海外の言葉もわからない土地に行って、オークションで落札して輸出までするなんて。
自分に置き換えて想像してみたら彼らの凄さが身に染みます。

話しは反れましたが、ヴォクシーもどうやら輸出対象車のようなので、
競りの相手が外人さんという事になります。。
そうなるとやはり相場は跳ね上がります。

年式、走行距離から考えると、これは高いのでは?と思う金額まで競りあがるのは
やはり人気のトヨタ。

今回買い付けた個体もちょいとお高い金額での仕入れとなりました。

内装、外装共に年式を考えるとキレイな個体だったので、妥当な金額かも
しれませんけどね。

パールホワイトのボディーのツヤはしっかりしてますが、細部の汚れが目立ちます。

ここでも、お得意の歯ブラシが大活躍(笑)

”X”
a0257092_20262014.jpg

a0257092_20263516.jpg

a0257092_20264995.jpg


”Y”
a0257092_20293086.jpg

a0257092_20295592.jpg


”Tのマーク”
a0257092_2031996.jpg

a0257092_20312454.jpg


すっきりキレイになりましたが・・・

地味なんじゃ~※千鳥ノブ風にどうぞ
[PR]
# by dms1025 | 2017-11-11 20:33 | 日本車 | Comments(0)

MINI ~品質向上作業②~

貸し車で出て行ってないうちがチャンスなので、またキレイにしてみました!

a0257092_18122834.jpg


ボディーは右半分の磨きが終わっていなかったので、右ドア・右リアフェンダーをポリッシュ。

仕上げにはツヤ倍増の2種類ワックス仕上げを施しております。

その前にもっと細かい部分の汚れ落としを。

a0257092_18145693.jpg


色んなところのキワキワの部分。

砂や埃が付着して、ずず黒くなってしまってます。

カンタンに落ちる物と頑固な物とがございます。

ガンコな汚れには歯ブラシとお湯・洗剤のセット攻撃ででシャカシャカと洗っていきます。

実にアナログな作業(笑)

洗剤の酵素が汚れを浮き上がらせてきたところをシャカシャカシャカシャカ。

a0257092_18173420.jpg


ついでにリアハッチを開けたところのフチもシャカシャカ。

a0257092_18211319.jpg




ボディーモールの下の部分もシャカシャカ。

a0257092_1821568.jpg


止まりません。


スカッフプレートのフチ&ドア下。

a0257092_18234018.jpg



ドアヒンジ廻り。

a0257092_18243328.jpg


止まりません。。


ガラスのフチにこびりついたモヤモヤした汚れ。
(全面やっております)

a0257092_18252080.jpg


a0257092_18253598.jpg





とりあえずこれぐらいでカンベンしといてやろう。(笑)
[PR]
# by dms1025 | 2017-11-06 18:46 | ドイツ車 | Comments(0)

MINI  ~品質向上作業~

a0257092_1836328.jpg


さっそく気になる部分をキレイにする事にしました。

a0257092_18373863.jpg


オーバーフェンダーの樹脂パーツ。

入荷した段階では、”汚れ、雨、紫外線”の三重苦で、それなりに白くボケてました。
これは仕方ない。

趣味が洗車の”変態さん(笑)”でない限りは、どうやってキレイな黒を維持すれば
良いのか、手立てがわからないというのが、一般的なユーザーさんですよね。

オートグリムで・・・なんて思いつく人は、もはや変態。こちら側の人間です(笑)

樹脂パーツは、雨や紫外線に脂分を飛ばされてしまい、カサついた白に変色
してしまいます。

キレイな黒を復活させる方法としては3つ

①脂分をしみこませる。

②一皮剥いてやる。

③部品を交換する。


この3通りでしょう。

③は読んで字のごとくなので説明不要!


①の脂分をしみこませるのは一番ポピュラーでお手軽な方法ですね。
アーマーオールやクレポリメイト等の入手しやすいツヤ出し剤を
こまめに塗りこんでやればキレイな黒になってくれます。
ですが、雨の後なんかは、まだらにツヤが落ちてしまったりして、
ちょっと切ないオチになったりします。
まあ、また塗れば復活するのでそういう意味でもお手軽です!

②の方法は多少の時間と労力は必要ですが、白くなってしまった
表面を一皮剥くので①に比べると圧倒的に持続力が違います。
一皮剥いた上にツヤ出し剤を塗りこめば、もはや敵なし!
ですが・・・なかなかその時間を作るのが難しいんですよね。

なので、やっておきました(笑)

フェンダー4枚・サイドステップ左右・
バンパー下の部分


せっせと一皮剥きました。

ツヤ出し剤よりも効果が持続する簡易コーティングを・・・と考えたのですが
それよりも良いものがあったので、それを塗り込みました。

”ガラスコーティング剤”


ボディーのコーティングに使われる高級なコーティング剤。

カンタンに言えば、”ガラスと同じ成分の物を液体にしましたよ”
と言う画期的な液剤です。

その液剤を塗布すると、硬化して薄~いガラス皮膜で表面を
コーティングしてくれる訳です。

今回使用した液剤は3年間はツヤと撥水力が持続するみたいです。

以前にコーティングのプロの方に伺った話なんですが、ガラスの皮膜に
洗車キズや使用キズが入って、ツヤが引けてきたり撥水力が落ちる事はあるが、
ガラス皮膜は、ぶつけて表面を削ったりしない限りは無くなる事はないとの事。

つまりは、表面を汚れや紫外線から守るという目的では

a0257092_2011483.jpg

a0257092_20155695.jpg



理屈上最強(笑)


のはず。
[PR]
# by dms1025 | 2017-10-28 20:39 | ドイツ車 | Comments(0)

ニューと言って久しいが・・・NEW MINI

またまた新在庫です。

BMWミニの二代目の後期型です。

a0257092_18182716.jpg


一見、初代との違いに戸惑いますが、結構変わっています。

外装はフロントバンパーの形状や、オーバーフェンダーの形状、
フォグランプの位置や大きさ。
その他も色々とありますが、すぐに解るポイントはそこです。

内装のデザインも大幅に変更されてます。
これまた、興味の無い人には難解です。
ハイレベル間違い探しみたいなもんです(笑)

シートデザインとセンターメーターの大きさが変わっています。
2代目は初代よりメーターの大きさが一回りぐらい大きくなって
”センターメーターですよ!!”の自己主張が強くなってます。

a0257092_18185615.jpg


もちろん見た目だけでなく、機関的な変更も大幅にあります。

何を言ってもエンジンが変わってます。
BMWとPSAグループ(プジョー・シトロエンの母体)の共同開発のエンジン。
グレードはクーパーなので、NAのバルブトロニックエンジンですが、
6速のATと相まって軽快な走りをしてくれます。



そうそう!
2代目からオートマがCVTから
アイシンの6速ATに変わっています。


CVTは年数が経つと発進時のギクシャクが気になってくるといったケースもよく耳にします。
でも、CVTのシームレスな加速が好き!って方もいると思いますので、
そこは好みかもしれませんね。

発進時のギクシャクが無いといった点では6速ATはストレスフリー!
a0257092_18194795.jpg


クイックで素直なステアリングのレスポンスは軽快そのものです。
走らせると本当に楽しいクルマですね。


入荷後に、純正の15インチから、在庫で持っていた16インチに履き替えてます。
初代モデルのアルミですが、コッチの方がカッコよくなるので交換しました。

a0257092_1821225.jpg


a0257092_18213333.jpg


タイヤは2015年製造のYOKOHAMA・ECOS
ミゾもまだまだ残ってるのでGOODです。

このミニも全開紹介したプジョー407SWと同様、素性が良さそうなんです。

a0257092_18301067.jpg


しっかりとディーラーさんにて点検もされているのと、内装がキレイ。
※ディーラー名が特定できる個所は画像処理で消しています


『外装は板金やら塗装でキレイに出来るけど、
 内装は自分ではどうにもできんから』


と、ユーザーさんからもよく聞きます。
確かにそうですよね。

運転席座面
a0257092_1837493.jpg

運転席背もたれ
a0257092_18371930.jpg


a0257092_18374158.jpg

助手席座面
a0257092_1838197.jpg

助手席背もたれ
a0257092_18381765.jpg

a0257092_1839590.jpg

a0257092_18383689.jpg

a0257092_1839244.jpg

a0257092_18411268.jpg


フロアマットを掃除する時にエアブローしても砂はほとんど出てきませんでした。
キレイなクツで乗られていたのか、こまめに掃除もされていたのか。
どちらにしても大切に乗られていたんだと思います。

497SWに続きなかなかのスマッシュヒット!!
良い個体を仕入れれたんではないか??

外装はここ最近の雨天続きでキレイな写真が撮れていないので、撮れたら
またUPします!

次回のミニ自慢にもお付き合いお願いします(笑)
[PR]
# by dms1025 | 2017-10-20 19:32 | ドイツ車 | Comments(0)
検索
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
フォロー中のブログ
ライフログ
メモ帳
ファン
外部リンク
最新のコメント
ブログジャンル
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
その他のジャンル
ブログパーツ
画像一覧